この星の格闘技を追いかける

【WEC37】喧嘩番長・高谷、お礼参りが決定

2008.11.19

(C) ZUFFA12月3日(水・現地時間)米国ネバダ州ラスベガスのハードロック・カジノ&ホテル、ザ・ジョイントで開催される『WEC37 TORRES vs TAPIA』。これまでにメインの世界バンタム級選手権試合ミゲール・トーレス×マニー・タピア、ブライアン・ボーウェルズ×ウィル・ヒベイロ、田村彰敏×ヴァグネイ・ファビアーノ戦らが発表されていたが、今回は新たに8試合がアナウンスされた。

【写真】WEC参戦2戦目となる高谷裕之、この試合は落とせない一戦となる(C) ZUFFA

注目は何といっても喧嘩番長・高谷裕之の2度目の参戦だ。高谷は今年の2月にWECデビューを飾ったが、先日ジェンス・パルバーを下したレオナルド・ガルシアにKO負けを喫しており、その後、8月に再出場が決まったが対戦相手の負傷で欠場。今回はその欠場の要因となったカブ・スワンソンと仕切り直しの一戦に挑む。


スワンソンは昨年12月にパルバーにギロチンで秒殺されており、高谷は絶対に負けられない一戦となる。また、今大会で田村と戦うファビアーノように、IFLから、続々とズッファ系大会UFCとWECに人材が流出しており、ファビアーノ以外にもIFLライト級トップコンテンダーだったバート・パラジェンスキーが出場を果たす。

クリス・ホロデッキーのライバルだったパラジェンスキーの対戦相手は、TUFシーズン1ファイターのアレックス・カラレキシス。パンチャー相手にどのような試合を見せるか。また、前回の発表でディエゴ・ヌンは、アメリカン・リアリティ=ジョセフ・グリスピと対戦予定だったが、コール・プロヴァンスに相手が変更されている。

なお、WECの2009年、第1回イベントは1月25日に予定されており、前世界フェザー級王者ユライア・フェイバーの復帰戦が早くも組まれ、対戦相手はフレジソン・パイシャォンとなる模様だ。

■『WEC37 TORRES vs TAPIA』全対戦カードは以下の通り。

<WEC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
ミゲール・トーレス(米国)
マニー・タピア(米国)

<バンタム級/5分3R>
ブライアン・ボーウルズ(米国)
ウィル・ヒベイロ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
田村彰敏(日本)
ヴァグネイ・ファビアーノ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
ジョセフ・ヴェナビデス(米国)
ダニー・マルチネス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国)
ジャスティン・ハスキンス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
マーク・ムニョス(米国)
ヒカルド・バロス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ケビン・ナビジアン(米国)
ブラス・アベナ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ディエゴ・ヌン(ブラジル)
コール・プロヴァンス(米国)

<ライト級/5分3R>
バート・パラジェンスキー(米国)
アレックス・カラレキシス(米国)

<フェザー級/5分3R>
高谷裕之(日本)
カブ・スワンソン(米国)

<ライト級/5分3R>
シェーン・ローラー(米国)
マイク・バドニック(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie