この星の格闘技を追いかける

2011年ラストを飾る大一番はアリスターの圧勝、敗れたレスナーは引退発言=UFC141

12月30日(金・現地時間)、米国ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデン・アリーナでは、UFCの2011年ラストを飾るイベント=UFC141「Lesnar vs Overeem」が開催された。

メインイベントでは、ストライクフォース・ヘビー級ワールドGPトーナメントを負傷欠場、そして同プロモーションとの契約抹消から一転、UFCとの電撃契約を果たしたアリスター・オーフレイムと、昨年10月のケイン・ヴェラスケス戦以来、実に1年2ヵ月ぶりの参戦となる元UFC世界ヘビー級王者ブロック・レスナーが激突するモンスター対決が行われた。

だが、試合はアリスターの一方的な展開に――。軽快にパンチを放つレスナーのボディにヒザ蹴りを突き上げると、最後は左ミドルをグサリ。うずくまったレスナーにアリスターがパンチを連打するとレフェリーが試合をストップした。

2分26秒、TKO勝ちを手にしたアリスターは次期ヘビー級チャレンジャーの座に就き、「約束通り、短期勝負で勝っただろ? エクセレントなレスラーとトレーニングしてきたんだ」と語ると、一方のレスナーは「この日が、最後のオクタゴンになる」と引退発言をした。

また、セミファイナルでは、ニック・ディアズの実弟で4度のファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得しているUFCの名勝負製造機ことネイト・ディアズが、WEC時代から数えて5度のファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞し、今年のUFCデビューから4連勝中のドナルド・セラーニと対戦。ネイトのパンチが連打でセラーニの顔面を捉えると、セラーニもヒザ蹴り、足払いで応戦したが、最後は3ラウンドを戦い抜き、ネイトが判定勝利を挙げた。

その他にも、ジョニー・ヘンドリックスは開始僅か12秒、左のストレートでジョン・フィッチを撃破。アレクサンダー・グスタフソンはウラディミール・マティシェンコをTKOで下し、韓国のキム・ドンヒョンはシェーン・ピアソンを判定で破っている。

■大会の見所は下記を参照

セラーニ×ネイトは、好勝負間違いなしッ!!

アリスター×レスナーは、意外に共通点多し?!

ライトヘビー級新旧対決は、間合いの勝負

第10試合 ヘビー級/5分5R
×ブロック・レスナー
(米国)
1R2分26秒
TKO
詳細はコチラ
アリスター・オーフレイム○
(オランダ)
第9試合 ライト級/5分3R
○ネイト・ディアズ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ドナルド・セラーニ×
(米国)
第8試合 ウェルター級/5分3R
×ジョン・フィッチ
(米国)
1R0分12秒
TKO
詳細はコチラ
ジョニー・ヘンドリックス○
(米国)
第7試合 ライトヘビー級/5分3R
×ウラディミール・マティシェンコ
(ベラルーシ)
1R2分13秒
TKO
詳細はコチラ
アレクサンダー・グスタフソン○
(スウェーデン)
第6試合 フェザー級/5分3R
×ナム・ファン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジミー・ヘテス○
(米国)
第5試合 フェザー級/5分3R
○ロス・ピアソン
(英国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジュニオール・アスンソン×
(ブラジル)
第4試合 ライト契約/5分3R
×アンソニー・ンジョグアーニ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ダニー・カスティーロ○
(米国)
第3試合 ウェルター級/5分3R
○キム・ドンヒョン
(韓国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
シェーン・ピアソン×
(カナダ)
第2試合 ライト級/5分3R
○ジェイコブ・ヴォルクマン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
エフライン・エスクデロ×
(米国)
第1試合 フェザー級/5分3R
×マニー・ガンバーリャン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ディエゴ・ヌネス○
(ブラジル)
PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie