この星の格闘技を追いかける

【UFC141】ネイト×セラーニ、打ち合いを制したのは?

<第9試合 ライト級/5分3R>
ネイト・ディアズ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
ドナルド・セラーニ(米国)

グローブのタッチの代わりに、中指を立てたセラーニ。いきなり距離を詰めたセラーニがパンチを振るうが、首相撲からワキを差しにいったネイトがケージに詰めて細かいパンチを当て続ける。

ヒザを見せたネイトだが、セラーニは距離を取ると右フックをヒットさせ、ネイトも右を返し、足払いを見せる。セラーニはロー、ヒザを見せるが、ネイトの左右のストレートがその顔面を捉える。

ネイトの右ジャブ、右ボディがヒットし、セラーニがケージ際まで下がる。さらに右、ボディを続けるネイトに対し、セラーニは首相撲からヒザ、左を見せるが、ネイトの左で頭がのけ反るシーンも。


前に出るネイトにセラーニは、左ローを繰り出すも、パンチの打ち合いでは劣勢に。すると、左ハイをヒットさせたセラーニだが、直後にワンツーを受ける。右から左とパンチを集中させたネイトに対し、セラーニがハイを見せるもバランスを失う。

すぐに立ち上がったセラーニ。右、左とパンチを伸ばすネイト。セラーニは口を半開きにして、口の中から血を滴らせている。

ストレートだけでなく、フックをまぜるようになったネイトは、残り10秒でテイクダウンを狙うも、これは失敗。しかし、ネイトはボクシング合戦を制し、重要な初回を取って試合をリードした。

2R、左ローを見せたセラーニだが、再びパンチを受ける。足払いを見せるなど、1Rよりも出入りを見せるようなったセラーニは、フットワークを駆使し、ヒザを顔面に突き上げ、再び足払いでネイトを倒す。

組みついたネイトはバックに回るが、体を入れかえたセラーニが再びヒザを突き上げ、足払いをいせる。パンチ主体で前に出るネイトは、ここで左をヒットさせるが、直後にハイキックを受けて後方に尻もちをつく。立ち上がったネイトをまたも足払いで転がすセラーニは、パンチの打ち合いでも1Rほど攻められることない。

左ボディストレートを打ちこんだネイトだが、直後にセラーニが首相撲から足払いを決める。エルボーをヒットさせたネイトだが、カウボーイも左アッパーストレートを打ち込むと、またも足払い。

ミドルを蹴った際にバランスを崩したセラーニだったが、ヒザからパンチを見せ一方的に打ちこまれることはなく2Rを戦い終えた。

最終回、中指を立ててセラーニを挑発するネイト。セラーニは誘いに乗って序盤からパンチの打ち合いに応じる――と思いきや、下がりながら左ロー、ミドルを見せる。ネイトも足技を見せ、左を伸ばす。パンチはやはりネイトが有利となり、何度となく右を打ちこむ。

ヒザをボディに突き上げたセラーニが、左ローから足払いを見せる。右ストレートもヒットさせたセラーニ、パンチの打ち合いのなかでも足払いを決めてみせる。それでもパンチで試合をリードするのはネイトだ。右のスピードが速いが、ここでセラーニのヒザをボディに受け、体をかがめる。

右から左を打ちこんだネイトは、セラーニが前に出てくるところをしっかりとパンチを当てていく。すると、ここでもセラーニの足払いが決まり、立ち上がったところで左フックを見せる。右ハイを見せたセラーニに、左右のフックを打ちこむネイト。

残り30秒、パンチを集中させたネイトだが、セラーニも右ハイを返す。最後の10秒も打ち合った両者は、試合終了と同時に握手を交わした。

初回は完全に打ち勝ったネイト、2Rはセラーニが足払い、ハイキックで反撃に移る。最終回はパンチをまとめるシーンが多かったネイト――、果たしてジャッジの結果は30-27が二人、29-28の一人でニックに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie