この星の格闘技を追いかける

【UFC141】苦戦強いられたピアソン、アスンソンに勝利

<第5試合 フェザー級/5分3R>
ロス・ピアソン(英国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
ジュニオール・アスンソン(ブラジル)

両手を広げた独特の構えから、右前蹴りを見せるアスンソンは、一転組みついてテイクダウンを奪う。ピアソンの立ち上がり際で、バックを取ったアスンソンだが、ピアソンは胸を合わせると、左フックを打ちこんでいく。

軸足を変え、正面を向いて腰を振るなど、リョートを思わせるアスンソンの構えだが、ピアソンは構わず前に出ていき、右ローを蹴り込む。狙いすませたテイクダウンを合わせるアスンソンだが、ピアソンもテイクダウン・ディフェンスには長けている。

試合は再びオクタゴン中央に移動するも、ピアソンは思うように距離を詰めることができない。それでもプレッシャーを与え続け、ケージ際でアスンソンにパンチを放つ。すると、アスンソンも右フックを返し、打撃戦でも決して負けないところを見せる。

左ジャブをヒットさせたアスンソンに対し、距離を詰め切れないままピアソンは初回を戦い終えた。


2R、初回同様に距離を取るかと思われたアスンソンが、いきなりシングルレッグで組みついていく。テイクダウンこそ奪えなかったが、手を変え試合のペースを譲らない。

再びテイクダウンを狙ったアスンソンは、ここで引き込む。自ら距離を取って、スタンドに戻ったピアソンは、ジリジリと距離を詰めるも、再びアスンソンが組みつていく。ストレスのたまる試合展開に、ピアソンは懸命に冷静さを保つが、ここでアスンソンの左ストレートを顔面に受ける。

しかし、距離が詰まると、ボディフックから左ストレートを顔面にパンチをヒットさせ、ピアソンがアスンソンからダウンを奪う。ヒザ蹴り、さらにパンチと追い込むも、アスンソンが組み合いに持ち込む。離れ際に左エルボーを見せたアスンソンは、残り1分となりまたもシングルレッグを見せる。体を入れ替えたピアソンは、足払いでテイクダウンを奪うも、アスンソンも負けじとシングルレッグから、足払いでテイクダウンを奪い返し、そのままトップキープした。

足を払ってパウンドを落としたアスンソンは、ピアソンの立ち上がり際にもパンチを入れると、2Rもタイムアップに。

最終回、すぐにテイクダウンを奪ったアスンソンは、バックに回り込むと、バックから腕をホールドして、腕十字の機会をうかがう。胸を合わせて立ち上がったピアソンに対し、アスンソンは1R&2Rとは違ったスピードを見せ、再び組みついていく。

ダブルレッグでピアソンに尻もちをつかせたアスンソンは、距離を取るとすぐに組みつく。アグレッシブなケージレスリングに、打撃戦へ持ち込むことができないピアソンは、アスンソンのテイクダウン狙いにヒザを合わせようとする。さらに強烈なローを蹴り込むと、スピードの落ちたアスンソンのシングルレッグにヒザを突き上げた。

残り1分、ハイキックからヒザ蹴りをヒットさせたピアソンだったが、アスンソンが組みついて打撃戦を続けることができない。残り30秒、疲れの目立つアスンソンにボディを打ちこんだピアソン。最後は組みつかれた状態で試合終了を迎えることになった。アスンソンの巧妙な戦術の前に苦戦を強いられたピアソンだったが、スタミナを切らすことなく相手の土俵で戦い続けながらも、3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie