この星の格闘技を追いかける

【UFC141】ヴォルクマン、エスクデロを圧倒も最後にヒヤリ

2011.12.31

<第2試合 ライト級/5分3R>
ジェイコブ・ヴォルクマン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
エフライン・エスクデロ(米国)

まずは左ローを見せたヴォルクマンに、エスクデロも右ローを返していく。サウスポーのヴォルクマンが、エスクデロのローにテイクダウンを合わせる。ギロチンを仕掛けたエスクデロだが、ヴォルクマンはパスから首を引抜き、サイドを取る。

足を戻して蹴り上げを見せたエスクデロだが、ヴォルクマンは足を捌いて首をコントロールし、ハーフながらしっかりとトップをキープする。体を起こしたいエスクデロだが、ワキを差しにいくと、ヴォルクマンはすぐにダースチョークの態勢に入るため、背中をつけて戦うことを強いられる。

バタフライガードも潰されたエスクデロは、細かいパンチを受け続ける。体を起こしてエルボーを見せたヴォルクマン。起き上がってきたエスクデロにギロチンを仕掛ける。そのままトップをキープしたヴォルクマンが、パウンドを集中させて1Rを取った。


2R開始早々、ヴォルクマンはシングルレッグでテイクダウンを奪い、エスクデロのギロチンを防いでサイドを取る。1Rと全く同じ展開は、ハーフに戻されるところまで同じだったが、ここでエスクデロはクローズドガードへ。レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ戻る。

ヴォルクマンのテイクダウン狙いを切りたいエスクデロだが、ケージに詰められバックを許すと、スラムから亀の態勢でグラウンドへ。シッティングガードも、立ち上がることができなかったエスクデロは、バックからフルバックマウントを奪われる。リアネイキドチョークを仕掛けたヴォルクマン。ここは極め切れなかったが、エスクデロを圧倒する。

最終回、ヴォルクマンは左ストレート、左ローを見せ組みついていく。ヒザを狙ったエスクデロだが、ヴォルクマンはすかさず組みついてテイクダウン。サイドから立ち上がるエスクデロのバックを取ったヴォルクマンは、ワキの下からアッパーを打ちこんだ。

心が折れ気味のエスクデロに対し、パンチを落とし続けるヴォルクマン。しかし、レフェリーがここでブレイクを命じる。レフェリーに救われた形となったエスクデロだが、再びシングルレッグからバックを許すと、胸を合わせてなお、シングルレッグでケージに詰められ続ける。

試合時間がどんどんなくなっていくなか、エスクデロはスタンディングでチョークへ。逃げながら下になったヴォルクマンをノースサウスチョークで絞め続けるエスクデロ。ヴォルクマンも驚異的な粘りを見せて立ち上がるが、ギロチンへ移行する。再びマットに背中をつけ、なんとか首を引き抜くことに成功。直後に3R終了となり、ヴォルクマンが判定で逃げ切った。「最後はソネン×アンデウソン・シウバ戦のようだった」とヴォルクマンは、ギロチンのタイトさを振り返った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie