この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】OSPを相手に仕留めきれないムサシ

<ライトヘビー級/5分3R>
ゲガール・ムサシ(オランダ)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
オヴァンス・サンプレー(ハイチ)

肩回りや胸囲が一回り大きいように見えるOSPに、ムサシは左ローを放っていく。右ハイから、右ストレートを伸ばしたムサシは、さらに右ストレートをヒットさせ、細かいフックを見せる。前足を蹴られ、リズムの掴めないサウスポーのOSPは、左ミドルをキャッチされると、自ら引き込んでいく。

ハーフから潜るOSPに、エルボー、鉄槌、パウンドを落とすムサシは、パスガードからサイドへ。ケージを蹴ろうとするOSPの顔面にエルボーを放ち、シャオリン・スイープから立ち上がろうとするOSPから、再びトップを奪うと、キムラアームロックへ。回転して、腕を極めにかかたムサシだが、OSPは腕を引き抜き、トップへ。

ムサシは落ちついてリバーサルに成功すると、パスからクロスフィックの状態でパンチを連打し、1Rを取った。2R、OSPは左ハイを放ち、組みついていくが、ムサシが小外でテイクダウン。1R同様に担ぎパスを仕掛け、同時にパウンドを落とす。ハーフからエルボーを打ち込むムサシは、しっかりトップをキープし、パウンドを落とす。ここで動きが少ないとレフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ。


左ローでOSPの体がよじれ、直後にシングルでテイクダウンを奪われそうになったが、スイッチでトップを奪取する。今度はOSPがパスに成功し、エルボー、パウンドをムサシに見舞う。ワキを差して立ち上がったムサシは、残り15秒でOSPが狙ったテイクダウンをスプロールし、試合は最終回へ。

最終回、OSPがフライングニーを狙うが、距離が合わない。ムサシはダブルレッグでテイクダウンし、バックへ。OSPは頭を入れ替え、シングルレッグを仕掛け、テイクダウンし、そのままサイドへ。OSPがマウントを狙うと、潜ったムサシだが、体を一回転したOPSがマウント成功。しかし、ムサシは再びヒップエスケープから戻し、スタンドへ戻るとダブルレッグでテイクダウンする。

バックに回り込もうとしたムサシを、払い腰で投げようとしたOSPだが、同体で崩れ、反応が良かったムサシがトップを奪取する。バックを狙ったムサシを、前方に落したOSPは、潜ろうとするムサシにエルボーを放っていく。アナコンダチョークをOSPが狙ったところで、タイムアップを迎えた。

攻守が激しく入れ替わるといえば好勝負のように感じるが、両者ともに詰めを欠いたことは否めない。結果、1&2Rを取ったムサシをジャッジ3者が29-28と支持し、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie