この星の格闘技を追いかける

【UFC91】”史上最大の戦い”はレスナーに軍配

(C) ZUFFA11月15日(土・現地時間)米国ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナでは『UFC91 COUTURE vs LESNAR』が開催された。

【写真】MMAキャリア4戦目でUFC王座に就いたレスナー。次の相手は暫定王者ノゲイラか、一度は敗れたミアか―― (C) ZUFFA

同大会では、“UFC史上最大の戦い”と煽るメインカード=ランディー・クートゥアーとブロック・レスナーによるUFC世界ヘビー級選手権試合を筆頭に、ライト級トップコンテンダー対決となるケニー・フロリアン×ジョー・スティーブンソン戦、そして、“ミルコ・クロコップを完全KOした男”ガブリエル・ゴンザガに、目下UFC無敗の“柔術セレブ”デミアン・マイアが出場を果たした。


そのメインイベント。会場を埋め尽くした観客が総立ちとなり、遂に向かい合ったレスナー×クートゥアーだが、体重差20kg、年齢差14歳、キャリアの差は10年。レスナーには大ブーイングが浴びせられ、場内は“ランディー・コール”一色という異常な盛り上がりの中、その戦いは始まった。

序盤から両者が組み合うと、改めて、その体格差は歴然としていた。レスナーはヒザ蹴りを多様しながらテイクダウンを狙い、クートゥアーは一度は倒されながらも、立ち上がることに成功、1R終了間際には、ハイクラッチでレスナーの巨体を持ち上げるようと試みる場面もあった。

2Rに入ると、パンチで前に出たクートゥアーの顔面に、レスナーの右がヒット。差し合いとなった直後には、レスナーが左から右のストレートを放ち、クートゥアーは前のめりにダウン。すかさず、レスナーが鉄槌を連打するとレフェリーが試合をストップし、キャリア4戦目でUFC世界王座につくという快挙を成し遂げたのだった。

試合後、「こんな若造にチャンスをくれたランディー、UFCに感謝したい」と述べたレスナーに、クートゥアーは「エクストリーム・クートゥアーのトレーニングのおかげで、大きな相手とも戦えた。まだ強くなっている」と話し、引退を否定するコメントを残した。

また、ライト級注目の一番、ケン・フロ×スティーブンソンは、ケン・フロがチョークでスティーブンソンに完勝。全く付け入る隙をみせず4分3秒でタップを奪い、「僕はBJのベルトが欲しい。自分を試したい」と、BJへの挑戦を表明した。

さらに、ヘビー級戦に登場したゴンザガは、右ストレートからのパウンドでジョシュ・ヘンドリックスを61秒で退け、ミドル級戦でネイト・クォーリーと対戦したマイアはチョークを極め、UFC4連勝で4つの一本勝ちを飾った。

『UFC91 COUTURE vs LESNAR』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie