この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】決定機のない接戦……KJが制す

<ライト級/5分3R>
KJ・ヌーン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ビリー・エヴァンゲリスタ(米国)

ローを蹴り合う両者。KJがダブルレッグでテイクダウンを奪うが、エヴァンゲリスタもすぐに立ち上がる。スタンドの打撃戦に戻ると、KJの右フックに合わせて、今度はエヴァンゲリスタが組みついていく。ケージを背にしたKJをシングルレッグで倒し、起き上がってくるところでスタンディングのギロチンを見せたエヴァンゲリスタは、距離ができるとヒザ蹴りを顔面にヒットさせる。

再び、ケージにKJを押し込んでテイクダウンを狙うエヴァンゲリスタだが、KJも見事なバランスでスタンドをキープする。左ジャブ、左ロー、さらに右ローを見せるKJは、ここでテンカオを放つ。首相撲からヒザを返したエヴァンゲリスタは、続いて左フックを打ち込んだ。エヴァンゲリスタの左フックをかわしたKJが、切れのある右フックを見せる。

残り10秒、テイクダウン狙いエヴァンゲリスタは、これをカットされるとエルボーを打ち込んで、1Rを優勢のまま戦い終えた。2R、右ストレートを打ち込んだKJにエヴァンゲリスタも続く攻防で左カウンターを放っていく。ケージを背にして戦うKJは、右ストレートを打ち込んで、テイクダウンを狙うが、エヴァンゲリスタがスプロール。


再び、KJのテイクダウン狙いを切ったエヴァンゲリスタが、がぶりからヒザを蹴り上げる。エヴァンゲリスタのローキックに、構えをスイッチしたKJだが、どうしても攻撃が後手に回る。残り1分、右ストレートからロー、足を使って右アッパーを見せたKJ。この回も優勢というほど試合をコントロールできないまま、2Rを終えた。

最終回、低い姿勢から飛び込むように左を伸ばしたエヴァンゲリスタは、さらに左フックから右フックをヒットする。KJのアッパーは距離が合わないものの、左フックはエヴァンゲリスタの顔面を捉える。すると、右ハイキックをヒットさせたKJが、右のスピニングバックフィストを放つ。

スイッチを繰り返すKJは、オーソの構えから左ジャブを伸ばす。エヴァンゲリスタの前進をスウェイとバックステップでかわしたKJが、組みつくとエヴァンゲリスタはスタンドでダースを極めかける。

首を引き抜かれ、疲れからから動きが落ちたエヴァンゲリスタは、KJの左ジャブを受けるも、左右のフックで前に出る。残り20秒、ボディにアッパーを打ち込んだエヴァンゲリスタは足を使ってKJの間合いを外し、タイムアップを迎える。両者とも決定機はなく、互いに攻め合った接戦は、ジャッジ3者とも29-28でKJが勝利。ダイナミックな動きが、有利に働いたか。「テイクダウン、キックを交えて、オールラウンダーに代わったんだ」とKJは、ご機嫌に語った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie