この星の格闘技を追いかける

【RFC05】大山、ダウンを乗り越えデニス・カンをKO

ROADFC05
【写真】やや調子を落としているとはいえ、デニス・カンに勝利は大きい。大山峻護はバックを取られそうになり、胸を合わせてから一気に形勢逆転した (C) MOOzine

リアルタイムで追えなかったMMAイベントを後追いリポートするMMA SALON、今回は3日(土・現地時間)に韓国はソウルのチャンチュン体育館で行われたROAD FC05「Night of Champions」の模様をお伝えしたい。

Text & Photo/MOOzine

韓国MMAワールド復興の旗頭ROAD FCが、旗揚げ2年目に入り5回目のイベントは、かの地のスポーツ界で聖地といわれるチャンチュン体育会で開催。ケージも直径7メートルのものから9メートルになり、ヤングガンと称したアンダーカード5分×2Rを併せて全12試合が行われた。

メインでは前回大会から始まったミドル級トーナメント1回戦が組まれ、韓国系カナダ人で現地の知名度も抜群のデニス・カンと、日本の大山峻護が対戦。序盤の打撃戦はカンが優勢だったが、トップを奪った大山はパウンドで攻め込むと、最後は亀になったカンにヒザや鉄槌を連打。失神に追い込んで準決勝進出を果たした。

同トーナメントは来年2月に行われる次回大会で、準決勝&決勝を一晩で行う。大山はこの日、同じく1回戦を突破した韓国軍特殊部隊のキム・ジョンデと対戦することになり、前回大会で勝ち上がったイ・ウンスとソン・ヘンクがもう一つの準決勝として組まれている。

今大会に日本から毛利明彦が出場したが、イ・ゼソンに判定負けを喫している。なお、同大会の模様は韓国のケーブルテレビ局で、ROAD FC版TUF=ジュモギイウンダ(拳が泣く)など、格闘技番組も数多く中継しているXTMで放送された。

ミドル級トーナメント1回戦/5分3R
○大山峻護
(日本)
1R3分40秒
TKO
詳細はコチラ
デニス・カン×
(カナダ)
ライト級/5分3R
○ナム・イチョル
(韓国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ヴィシール・コロッサ×
(南アフリカ)
バンタム級/5分3R
○カン・キョンホ
(韓国)
1R4分56秒
腕十字
詳細はコチラ
ソング・ミンジョン×
(韓国)
フェザー級/5分3R
○クォン・ベヨン
(韓国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ブライアン・チェ×
(韓国)
ライト級/5分3R
○イ・ゼソン
(韓国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
毛利明彦×
(日本)
ミドル級トーナメント1回戦/5分3R
○キム・キョンデ
(韓国)
1R0分18秒
KO
詳細はコチラ
イ・ヅリ×
(韓国)
PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie