この星の格闘技を追いかける

【TUF14】レギュラー同様の実力ブランダォン×ベルムデス

2011.12.01

12月3日(土・現地時間)、ラスベガスのパームス・カジノ・リゾート内ザ・パールで行われるThe Ultimate Fighter 14 Finale。2005年のシーズン1より、UFC人気を支えてきたリアリティTVショーも、Spikeでの中継+現行のフォーマットとしては、シーズン14が最後のシリーズとなった。

現在のUFC人気に火がついたのは、2005年のシーズン1の成功によるもの。TUFの成功がなければ、ズッファはUFCを売却していた可能性も高かったが、2012年からFOX系での中継となり、中身は大幅に変わるといわれている。

現行のTUFラストシーズンは、コーチ役にマイケル・ビスピンと、6年振りUFC復帰がTUF出演となったジェイソン・メイヘム・ミラーが使命され、フェザー級とバンタム級の2階級で争われてきた。

米国MMA記者から、過去最高のレベルと評されたホーム入りを賭けたイリミネーション・ファイトでスタートを切り、準決勝を終えた時点で、ダナ・ホワイトが「TUF史上、最高の才能を持った4人が決勝に残った」と絶賛したシーズン14。

生き残ったのはフェザー級がデニス・ベルムデスとディエゴ・ブランダォン、バンタム級がジョン・ドットソンとTJ・ディラショー。2階級ともチーム・ミラー×チーム・ビスピンの対戦となっている。


D-1オール・アメリカンレスラーのベルムデスは、東部の実力者ジミー・リベラをTKOで破り、ハウス入りを果たすと、準々決勝でもスティーブン・バスをTKOで下している。準決勝のアキラ・コラサーニ戦では、低いガードをつかれ左を効かされるシーンもあったが、シングルレッグから豪快なリフト&スラムを見せ、ギロチンで逆転一本勝ちを手にした。

一方、ブラジルのマナウス出身のブランダォンも、3試合連続の1RTKO勝ちでファイナル進出を果たす。現在はグレッグ・ジャクソンの下で学ぶブランダォンは、しなやかな筋肉から生まれる瞬発力、スピードを生かした天性のファイターぶりを発揮。

さながら運動神経の塊のような選手で、長いリーチを生かしたパンチ攻撃は、スタンドでも有効だが、足を払ってのパウンドも脅威。既にUFCレギュラーを勝ち取っているフェザー級ファイターを見比べても、何ら劣るところは見当たらない。

準決勝で勝利が決すると、一足先に決勝進出を決めていたベルムデスの姿を見つけ、挑発する姿も堂にいっている。父親を亡くし、ドラッグディーラーに身を落とすも、柔術+MMAに救われ、「母親、兄弟たちを米国に呼んで、豊かな生活をおくらせてやりたい」というTBSばりのエピソードも彼の魅力を際立たせている。

BFC世界ライト級を制したマイケル・チャンドラーを思わせるタフネス振りを発揮するベルムデスだが、スタンドでパンチを効かさると、その後、ブランダォンのポジショニング+パウンドを考えると、命取りになるだろう。

■TUF14Finaleの対戦カード

<ミドル/5分5R>
マイケル・ビスピン(英国)
ジェイソン・ミラー(米国)

<TUF14フェザー級決勝/5分3R>
デニス・ベルムデス(米国)
ディエゴ・ブランダォン(ブラジル)

<TUF14バンタム級決勝/5分3R>
TJ・ディラショー(米国)
ジョン・ドッドソン(米国)

<ライト級/5分3R>
トニー・ファーガソン(米国)
イーブス・エドワーズ(米国)

<バンタム級/5分3R>
ジョニー・ベッドフォード(米国)
ルイス・ゴルディーノ(米国)

<フェザー級/5分3R>
マーカス・ブリメージ(米国)
スティーブン・ベイス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ダスティン・ペイグ(米国)
ジョン・アルバート(米国)

<バンタム級/5分3R>
ロナルド・デローム(カナダ)
ジョシュ・ファーガソン(米国)

<フェザー級/5分3R>
スティーブン・シラー(米国)
ジョン・クロプトン(米国)

<フェザー級/5分3R>
ブライアン・ギャラウェイ(米国)
ダスティン・ニース(米国)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie