この星の格闘技を追いかける

【Challengers】秒殺連続、ロウジー=女アームコレクター

リアルタイムで追えなかったMMAイベントを後追いリポートするMMA SALON。今回は18日(金・現地時間)、2カ月振りにラスベガスのパームス・カジノリゾート内ザ・パールで開催されたStrikeforce Challengers「Britt vs Sayers」の模様をお伝えしたい。

メインはライトヘビー級から転向したアントワン・ブリットが、「ヘビーハンズ」を名乗りつつも、KO勝ちが一度としてなかったルムンバ・サヤーズと対戦。サヤーズの拳が遂に火が噴くこととなった。

セミの女子145ポンド級戦では、北京五輪女子柔道70キロ級銅メダリストのロンダ・ロウジーが、デビュー以来4戦連続腕十字による一本勝ちをしている。

ミドル級/5分3R
○ルムンバ・サヤーズ
(米国)
1R0分28秒
TKO
詳細はコチラ
アントワン・ブリット○
(米国)
女子145ポンド級/5分3R
○ロンダ・ロウジー
(米国)
1R0分39秒
腕十字
詳細はコチラ
ジュリア・バッド×
(カナダ)
188ポンド契約/5分3R
○アドラン・アマゴフ
(ロシア)
1R2分32秒
TKO
詳細はコチラ
アンソニー・スミス×
(米国)
ライトヘビー級/5分3R
○トレバー・スミス
(米国)
1R4分28秒
ギロチンチョーク
TJ・クック×
(ブラジル)
ミドル級/5分3R
○デレック・ブルンソン
(米国)
3R終了
判定
ネイト・ジェイムス×
(米国)
ライト級/5分3R
○マット・ライスハウス
(米国)
3R終了
判定
ビル・クーパー×
(米国)
PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie