この星の格闘技を追いかける

【LFC06】サム・ブラウン判定勝ちも、内容は厳しい凡戦に

2011.10.30

<ライトヘビー級/5分3R>
サム・ブラウン(ニュージーランド)
Def.判定2-1:29-28,29-28,28-29
リュウ・ウェンボー(中国)

左ローを見せるブラウン。左を伸ばし、大外の右ローを放つ。スローモーな立ち上がりになった一番、ブラウンのローが目立つ程度のやりとりが続く。2分30秒を過ぎ、やや距離が迫り、ブラウンのローにリュウがパンチを合わせていくも、ブラウンをコーナーに押し込んだリュウが、左脇を差して右ボディを連打したところで1Rが終了した。

2R、左インサイドローを連打するブラウン。ブラウンの右に、リュウの右がヒットする。荒いブラウンの打撃に対し、距離をコントロールしてパンチを見せるリュウ。手数が多いのはブラウンだが、時間が進むにつれその手数も少なくなる。


残り30秒、リュウの右、ブラウンの左がクロスするが、決定的なシーンがないまま試合は最終ラウンドへ。足を止めて打ち合う両者、フックを受けたブラウンがシングルを仕掛けるが、リュウががぶってスタンドをキープ、離れ際に右フックを入れる。すると、直後にブラウンがダブルレッグでテイクダウンを奪う。

リュウはキムラアームロックを仕掛けるが極め切れず、ブラウンがトップをキープ。レフェリーがブレイクを命じ、試合がスタンドで再開されると、ブラウンはシングルでテイクダウンし、足下に組みついてきたリュウにヒザを入れる。

再びグラウンドでブレイクが命じられ、スタンド展開になるもブラウンが連続でテイクダウンを決め、最後はトップキープのブラウンが、2-1で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie