この星の格闘技を追いかける

【LFC06】安藤晃司、中国のワン・ガンに惜敗

2011.10.30

<ライト級/5分3R>
ワン・ガン(中国)
Def.判定2-1:29-28, 29-28, 28-29
安藤晃司(日本)

右ジャブを伸ばす安藤に、ワンがスピードのある右を見せる。左を放ちながら、前に出る安藤だが、ワンは右ローから右を伸ばす機会を伺う。その右ストレートにテイクダウンを合わせた安藤は、ワンの足を捌いてパウンドを落とす。

安藤の頭を抱えるワン。頭を抜いた安藤がローを入れるが、ブレイクが掛かりスタンドへ。スピードの乗ったハイキックから、左ジャブ、右ストレートと打撃でプレッシャーを掛けるワン。

安藤も右フックを放つが、ワンは右ハイ、前蹴りなど打ち込んでいく。左ハイから右ローと手を出すワンは、散打流の差し上げシングルレッグを見せるも、安藤は腰を落とし、逆に組みついて倒れない。


ワンが左右のフックから右ハイを見せたところで、初回が終了した。

2R、左ローから左フックを放つワン。安藤は右を伸ばしてテイクダウンの機会を伺う。右ハイからテイクダウンを狙ったワンは、右ストレートを安藤のアゴ先に打ち込む。直後にテイクダウンに成功した安藤、ハーフからパウンドを落とすも、立ち上がった彼にワンが蹴り上げる。

リング中央で同じ状態から再開になるが、ヒザをついた安藤に蹴り上げを見せたワンに注意が与えられる。再開後、蹴り上げから立ち上がったワンはテイクダウンを狙う。そのテイクダウンのタイミングを呼んだ安藤がヒザを見せるも、ワンはロー、右ストレートをヒットさせる。

安藤も左から右を見せる。素早い右ハイを見せ、観客の声援を受けるワン。ほぼ互角の攻防だが、ワンの打撃にポイントがついたラウンドとなったか?

最終回、開始直後にダブルレッグを決めた安藤が、細かいパウンドを落とす。蹴り上げを見せるワンのガードに入った安藤は、ボディを蹴り、担いでパスに成功。腰をずらし柔術立ちから立ち上がろうとしたワンをがぶった安藤がトップをキープ、ハーフからパウンドを落とす。

ポジションを制した安藤だが、レフェリーはブレイクを命じ、試合はスタンドへ。ワンの打撃を受けることなく、再びテイクダウンに成功した安藤。頭をつけて抑えるが、レフェリーからは攻めろという指示が出る。

直後に勢いある右のパウンドを落とした安藤は、立ち上がってさらに左のパウンドを落とす。蹴り上げだけで、立ち上がる素振りのないワン、試合はリング中央で同じ状態で再開に。残り10秒、トップをキープした安藤は試合終了のゴングが鳴ると、両手を大きく挙げた。しかし、ジャッジの裁定は割れたが、2-1のスプリットでワンが勝利をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie