この星の格闘技を追いかける

【BFC56】アスクレン、スプリットで薄氷踏む王座防衛

<BFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
ベン・アスクレン(米国)
Def.判定2-1:29-28, 29-28,28-29
ジェイ・ヒエロン(米国)

左ジャブを伸ばすヒエロンに、右を返すアスクレンは下を向いて左を続けたが、バランスを崩す。距離を詰めてきた王者に対し、ヒエロンの右アッパーがヒット。前方に倒れ込んだアスクレンから、ヒエロンがトップを奪う。ガードからシングルを狙ったアスクレンは、ヒエロンが距離を取ると、すぐに立ち上がる。

テイクダウンを狙うため、頭を下げて低い姿勢でパンチを放つアスクレンに、ヒエロンは再びアッパーを狙う。逆に右を打ち込み、ヒザを見せたアスクレンは、遠い距離からヒエロンのパンチをよけてシングルで組みついていく。足を引抜き、体を捩じって距離を取ったヒエロンは、逆にテイクダウンを狙うが、跳ね返されアスクレンのパンチを受ける。

テイクダウンをなかなか奪えないアスクレンだが、右フックを再びヒットさせ、組みつく。これも切ったヒエロンは、左フックをヒットさせる。残り1分を切り、左ジャブを伸ばし距離を取るアスクレンは、ヒエロンのスーパーマンパンチを難なくよけた。


王者は右ハイを放った際に、バランスを崩したが、すぐに立ち上がって、ヒエロンの前進を許さず1Rが終わった。

2R、遠い距離からアッパー、フック、蹴りを見せるヒエロン。アスクレンのテイクダウンを防ぐために、距離を取りたいが、アスクレンはヒザをついた状態で組みつき、ヒエロンを肩に担ぎ上げてテイクダウンを奪う。

ハーフガードを取り、パスを許さないヒエロンに対し、アスクレンは体を起こして右パウンドを落とし、続いてエルボーを連打する。右を加えて落としたヒエロンは、さらにボディ&鉄槌を放っていく。

蹴り上げを見せたヒエロンに対し、担ぎパスガードを決めたアスクレンがサイドを奪取。ブリッジで態勢を変えようとするリードのボディにヒザを放ったアスクレンが、しっかりとトップをキープし2Rが終了した。

3R、左ジャブを伸ばすアスクレンに、左フックから左ハイを見せたヒエロンは、ローに左フックを合わせようとする。左ジャブを伸ばすヒエロン、左ミドルから右を放つと、アスクレンが距離を取る。アスクレンはシングルを見せるが、ヒエロンは2度に渡りにディフェンスに成功する。

左ハイでアスクレンの上体を反らせ、テイクダウンへの踏み込みを甘くさせようとしたヒエロンだが、直後に組みつかれボディロックからスラムのようにテイクダウンを許してしまう。

ハーフガードから細かい右エルボーを連打したアスクレンに対し、ヒエロンは右足を抱え込み、ブリッジをしてスイープに成功する。すぐに立ち上がった両者、ヒエロンは前蹴りを放つ。距離をとり、右ストレートを伸ばすヒエロンに対し、アスクレンが右ミドルを見せる。

ヒエロンのスピニングバックキックは空振りに終わり、アスクレンのテイクダウン狙いはヒエロンが身を翻して避ける。残り10秒となり、アスクレンの蹴り足を掴んだヒエロンがパンチを狙うが、クリーンヒットはなく3Rが終了した。

4R、右ストレートを打ち込んだアスクレン、常にテイクダウンのフェイントを見せ、距離を詰める。そのアスクレンの右ミドルに右ストレートを合わせたヒエロンだが、テイクダウン狙いを潰してなお、がぶりからバックを許してしまう。腰にヒザを落とすアスクレンに、大きな声援が送られる。

脇の下、頭の横からパンチを落とすアスクレン、さらにヒザを落とすとヒエロンは全くエスケープの態勢に入れない。

パンチ、鉄槌、ヒザを続けるアスクレンは、逆側に回りヒエロンの左腰にヒザを続ける。残り2分となり、ケージ際に近づいたヒエロンだったが、立ち上がることができず、背中にヒザを落とされると、ヒエロンは前方回転をし、アスクレンに距離をとると、試合はスタンドの展開に。

近距離になりヒエロンのアッパーが再び王者を捉えるが、形勢逆転には至らない。左フックを放ったヒエロンの左目に、アスクレンの指が触れ、試合が一時中断となる。すぐに試合が再開されるが、このラウンドも明確な差はなく、アスクレンがバックを制したという印象の残すラウンドとなった。

最終回、パンチを伸ばすアスクレンにヒエロンの左フックがヒットする。アスクレンのシングルレッグを逃れたヒエロンは、その場跳びから蹴りを見せるも、これはアスクレンがしっかりと見極める。ヒエロンは左右のローなど、手数では完全にヒエロンが上回る。

左ジャブを伸ばすヒエロンは、左フックから右アッパーを放っていく。動きが落ちたアスクレンだが、連続してパンチを被弾することはない。残り1分、バックキックでアスクレンに背中をつかせたヒエロン、ガードを取るアスクレンに対し、寝技には付き合わず、試合はスタンドへ戻る。

踏み込めない王者に、左ジャブ、右ストレートを打ち込むヒエロン。試合終了直後に、ヒエロンは勝利を確信し、ケージ時によじのぼり両手を広げた。果たしてジャッジの裁定は、48-47で2人のジャッジがアスクレンの勝利を支持し、2-1のスプリットは判定勝ちとなった。

「ジャッジの一人が僕の勝利にしなかったのは、凄く残念だ。今日の試合は勝てて良かったけど、嬉しくはない。トーナメントは誰が勝ち上がっても関係ない。僕は世界最強でいたい。今日はそうでなかったけど、世界最強に近かった」とアスクレンは、接戦を勝利した喜びも少ないコメントを残し、ケージを後にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie