この星の格闘技を追いかける

【UFC137】カンゴがミトリオーネとの接戦を判定勝利

<ヘビー級/5分3R>
シーク・カンゴ(フランス)
Def.判定3-0:30-27、30-28、29-28
マット・ミトリオーネ(米国)

距離を取り合う両者。サウスポーのミトリオーネが徐々に前に出る。手の出ない両者に、観客は大きなブーイングを送る。右を思い切り振り回し、距離を詰めたミトリオーネが組みつくが、カンゴがケージに押し込んでいく。動きが少なく、レフェリーがブレイクを掛けて、オクタゴン中央で試合が再開されるが、その展開はほとんど変わりない。

左ローを放ったカンゴにミトリオーネは前に出る仕種を見せつつ、動くカンゴを見てスッと下がる。カンゴの右ローキックがヒットするが、彼もまた待ちの態勢だ。カンゴの蹴りをキャッチして転がしたミトリオーネだが、寝技には移行しない。そのままお見合いの展開が続き、1Rが終了した。


2R、前に出たミトリオーネの左がヒット。カンゴも右ロー、さらに左ローを返していく。ミトリオーネの前進をサークリングでかわすカンゴが前に出て右を伸ばす。ローを連打するカンゴが右を打ち込むとが、ミトリオーネは見事なヘッドスリップでかわしていく。

インサイドにステップを切るカンゴが、下がりながらローを蹴るが、これはミトリオーネの真正面。ともすれば左ストレートが飛んでくる。左ローを互いに蹴り合うが、なかなか両者の距離を縮まらないままだ。左から右を伸ばすカンゴ、ミトリオーネは左を返し、アッパーを放っていく。

距離を取り直したカンゴだが、ミトリオーネは押っ取り刀で駆けつけ、右から左を見せる。カンゴの右ストレート、左フックを避けたミトリオーネは左ローを見せる。ミトリオーネの左を連打され、カンゴが真っ直ぐ下がるが、ここで2R終了となる。

3R、ボディブローから組みついたカンゴが、スラム気味にテイクダウンを奪う。キムラアームロックでパスを逃れていたミトリオーネだがバックを許し、直後に立ち上がる。胸を合わせたカンゴは、そのままケージに鼻血を流すミトリオーネを押し込んでいく。残り2分、再びテイクダウンに成功したカンゴは、ハーフからボディにヒザを打ち込む。

左脇を差せないカンゴに、ハーフから潜ろうとしたミトリオーネ。カンゴはパワーで押し返していく。左のパウンドを連打するカンゴは、ミトリオーネを立ち上がらせない。残り30秒になり、一回転しガード、すぐに亀の態勢になったミトリオーネ。カンゴはリアネイドチョークを狙い、最後はパンチを落として、タイムアップに。結果、カンゴが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie