この星の格闘技を追いかける

【UFC137】勝負を諦めないベラ、危機一髪の状況も……

2011.10.30

<ライトヘビー級/5分3R>
ブランドン・ベラ(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
エリオット・マーシャル(米国)

鋭い右から左、さらに左ミドルを決めるベラ。打撃でプレッシャーを与えるベラが、組みついてマーシャルをケージに押し込む。距離を取った両者、関節蹴りを見せるベラスに対し、マーシャルが距離を積めてダーティボクシング、アッパーの連打で攻め込むと、ベラの動きを止める。


2R、組みついたところですかされ、顔面を蹴りあげられようとしたマーシャル。再び、ケージレスリングの攻防が続くが、ベラがテイクダウンを奪ってパウンドを落とす。ハーフを取って立ち上がったマーシャルだが、直後に蹴りを食らいそうになる。その後もケージレスリングのほぼ互角の展開に。

3R、マーシャルのワンツーがヒットし、ベラはヒザを落とす。シングルレッグに組みついて立ち上がるまでに、何度もパウンドを受ける。真正面から右フックを打ち合い、ベラの体が再び崩れる。ただし、ここで勝負を諦めないベラだが、バッククラブを取られ腕十字で腕が伸びてしまう。

それでもエビを使い腹這いになって腕を引き抜いたベラは、トップを奪い返しパウンドを落したところで試合終了となった。3Rに危機一髪の状況を迎えたベラだが、序盤の貯金が効いてジャッジが3者とも29-28をつけ、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie