この星の格闘技を追いかける

【UFC137】極め切れない二ジェム。判定で文句なしの勝利

2011.10.30

<ライト級/5分3R>
ラムジー・ニジェム(米国)
Def.判定3-0:30-25、30-26、30-27
ダニー・ダウンズ(米国)

いきなり左から右のパンチをヒットさせ前に出たニジェムが、そのままダウンズに組みつきテイクダウンを奪う。ケージを背に立ち上がろうとするダウンズの顔面にパンチを入れ、チョークを狙うも、胸を合わせたダウンズが立ち上がる。

パンチを振るいながら、すぐに2度目のテイクダウンに成功したニジェムがダウンズのシングルを潰してパンチを落とす。スタンドに戻っても、すぐにケージに詰めて倒したニジェムは、立ち上がろうとするダウンズのバックを取り、そのまま前方に潰して両足をフックして、リアネイキドチョークへ。

一度は立ち上がったダウンズだが、ヒザをついて首を絞められるも、ニジェムは乗りすぎて自らチョークを解き、距離を取る。直後に組みついてバックに回ったニジェムが、再びリアネイキドチョークへ。ダウンズの背中が伸びるも、1Rのタイムアップに救われた。


2R、左ジャブを伸ばすダウンズに、左から右を打ち込んだニジェム。真っ直ぐ下がるダウンズに組みついて、シングルから体を起こす。ここでダウンズは横三角の体勢に。腹這いになって首を引抜いたニジェムが組みつくと、ダウンズはギロチンを仕掛ける。首を抜かれ、ガードを取ったダウンズの三角絞め狙いを外し、ニジェムはパンチからマウント奪取。バックに回り込み、リアネイキドチョークは崩れるも、腕を極めてエルボーを顔面に落とした。

再びバックに回ったニジェム。ヒザをつけようとしたダウンズも立ち上がろうと上半身を起こす。ここでもバックマウントを奪ったニジェムは、4の字フックからリアネイキドチョークへ。これも極め切れず、タイムアウトとなったが、バックを奪い終始圧倒した2Rを戦い終えた。

3R、まずは組みつき、そこからアッパー、フックの連打につなげたニジェムだが、ややスピードが落ちてきたか。それでもダウンを奪うと、シングル狙いのダウンズを潰してバックへ。執拗にリアネイキドチョークを仕掛けるニジェム。バック→襷~→パンチ→立ち上がるという展開が続く。

バックを奪われ、殴られ続けるダウンズは、反撃の素振りもなく、立ち上がってもテイクダウンを許す。残り1分を切っても、バッククラブを続けるニジェム。最後まで極めきれなかったが、判定は文句なし3-0で勝利した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie