この星の格闘技を追いかける

【W-1】ジョン・マンリー、ATTのホマシを振り切る

2011.10.16

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・マンリー(米国)
Def.判定3-0:29-28,29-28,29-28
サバウ・ホマシ(米国)

試合開始早々、マンリーが組みついてホマシをドライブ。ケージに押し込んでダブルレッグダイブから、小外刈りを仕掛けていく。ヒザの裏で引き寄せ、テイクダウンに成功したマンリーが、そのままサイドを奪いパンチを落としていく。

ハーフに戻したホマシだが、直後にマンリーはパス。首と顔にプレッシャーを与えるが、ブリッジからホマシが距離を取り立ち上がる。マンリーがギロチンから引き込むと、首を引抜いたホマシが勢いのあるパウンドを落とす。

マンリーの腕十字狙いを察知し、中腰になったホマシは、そのままパウンドを継続して放つ。左エルボーで額が切れ、流血したマンリーは懸命にホマシの頭を引きよせようとするが、鉄槌を連打され初回が終わる。


2R、左ジャブを伸ばすマンリーが、右ストレートからダブルレッグでテイクダウンを奪うと、同時にホマシがガードからアームロックを仕掛ける。腕を振りほどき、トップをキープしたマンリーは、1Rと立場を逆にしたようにエルボーを打っていく。手首をコントロールするホマシは、クローズドガードからフックカードに移行するが、ケージを背にしており動きが制限される。

マンリーのパスにキムラアームロックを合わせようとしたホマシだが、パスガードを許す。アームロックに拘りすぎ、体重が乗りすぎたマンリーの荷重を利して、てっぽうからトップを取ったホマシ。直後にマンリーが組みつくと、ホマシはギロチンへ。掛かりが緩く、頭を抜いたマンリーがトップをキープした状態で、2Rを戦い終えた。

3R、これまでと同様にすぐに組みついたマンリー。ホマシも2Rと同じようにアームロックを仕掛けるが、すぐにすっぽぬけてガードを取る。ハーフからパスの機会を伺うマンリーは、細かいエルボーを落とし、脇差しパスガードでサイドを奪った。右エルボーを打ち込み、マウントを奪取したマンリー。そのまま体を起こし、エルボーとパウンドを落とす。

ホマシはケージを蹴り上げて、後方回転し立ち上がるも、すぐにマンリーはダブルレッグで組みつく。ギロチン狙いのホマシをケージに押し込んだマンリーは、ダブルレッグダイブでバランスを崩すと、ホマシは自ら引き込むように背中をキャンバスにつけた。そのままタイムアップとなり、ガブリエル・ナパォンの指導を受けるマンリーがATTのホマシを3-0の判定で破った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie