この星の格闘技を追いかける

【BFC58】エディ・アルバレス、2度目の防衛戦正式決定!!

Alvarez13 日(木・現地時間)にベラトールFCより、11月19日(土・同)、フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハードロックホテル&カジノで開催されるBellator58で、BFC世界ライト級選手権試合エディ・アルバレス×マイケル・チャンドラー戦が行われることが発表された。

【写真】ベラトール在籍2年半、これが2度目の王座防衛戦となるエディ・アルバレス。BFCでの戦績は6戦6勝だ (C) KEITH MILLS

当初の予定では今週末、15日(土・同)にアトランティックシティで開かれるBFC54で組まれていた同世界戦だが、9月20日(火・同)にアルバレスの負傷を理由に延期が発表されていた。その発表時、「秋の終わりには――」という実現に含みを持たせた世界戦だったが、約1カ月遅れてフロリダに場所を代えてとり行われることとなった。

なお、BFC58 では既報の通り、BFC世界ミドル級王者ヘクター・ロンバードが、195ポンド契約でトレバー・プラングレーと対戦するスペシャルマッチが発表されているが、さらにマルロン・サンドロ×ハファエル・ディアスのフェザー級戦、ジェシカ・アギラー×リサ・ワードの女子115ポンド戦も行われることも正式に決まっている。


UFC世界ライト級王者フランク・エドガーとトレーニングを積むアルバレス。来年の春以降にBFC=米国で青木真也と対戦することに、合意しているようだが、ギルバート・メレンデスを事実上、手中に収めたUFCにとっては、青木とアルバレスは彼らが手にしていないライト級のトップ10ファイターだ。

ストライクフォースかUFCか、そのオファー先は未確定だが、青木へのコンタクトを本気で検討し始めているズッファ。一方でアルバレスはあと18カ月間、ベラトールとの契約が残っており、コントラクトが切れた時点で、「フランク・エドガーと即対戦でなければ……」とUFC出場に気持ちが固まりつつあるという話も伝わってきている。

UFCが手にしてない最後の日米・大物対戦がより注目を集めるファイトになるためにも、チャンドラー戦の勝利が必須条件のアルバレス。最近は無暗に打ち合うことなく、スマートなスタンドとテイクダウンの強さ、何よりも柔術的なグランドワークに磨きがかかる王者に対し、チャンドラーもテイクダウンの強さでは引けを取らない。

ミズーリ大出身D-1レスラーのチャンドラーに、アルバレスがどのような打撃の圧を仕掛けていくか。キャリア8戦8勝、25歳のチャレンジャーは決して侮れない実力を持っている。

■BFC58対戦カード

<BFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]エディ・アルバレス(米国)
[挑戦者]マイケル・チャンドラー(米国)

<195ポンド契約/5分3R>
ヘクター・ロンバード(豪州)
トレバー・プラングレー(南アフリカ)

<フェザー級/5分3R>
マルロン・サンドロ(ブラジル)
ハファエル・ディアス(ブラジル)

<女子115ポンド/5分3R>
ジェシカ・アギラー(米国)
リサ・ワード(米国)

<UFC RIO 早くもDVDで登場!>
アンデウソン・シウバ×岡見勇信のUFCミドル級タイトルマッチに加え、マウリシオ・ショーグン、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラら人気選手が勢ぞろいをしたUFC RIOが早くもDVDで登場!

予約プライスは、なんと33%OFFの1,969円(税込)!! 数量限定、ご予約はお早めに!!
詳細をチェック

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie