この星の格闘技を追いかける

【UFC136】熾烈なケージレスリング合戦、制したのは?

2011.10.09

<ライト級/5分3R>
アンソニー・ペティス(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
ジェレミー・スティーブンス(米国)

まずはローを見せたペティスに、素早いワンツーを放っていくスティーブンス。互いに距離を取るが、スピード感溢れる打撃を見せる。スティーブンスの左右のローを受けたペティスは、左フックにテイクダウンを合わされてしまう。

ガードから得意の三角絞めをセットアップしたいペティスだが、スティーブンスが腹を思い切り両手で押しているため、その体勢に入れない。ここで、スティーブンスの胸を蹴り上げ、距離を取ったペティスが立ち上がる。

試合がスタンドに戻ると、ペティスのローがスティーブンスの急所に当たり試合は一時中断も、すぐに再開される。左ハイを見せたペティスにスティーブンスが距離を詰めてケージに押し込みシングルへ。

頭を押したペティスだが、ダブルに移行されて再びテイクダウンを許す。自らの足を畳んで、両足を挟んだスティーブンスは、腰をコントロールするが、ペティスは立ちがあり、体勢を入れ替える。ラウンド終了間際、左手を尽きながら旋回するようにペティスが右ハイを見せて初回が終了した。


2R、左リードジャブを伸ばすペティスに対し、スティーブンスは右を放っていくが、出所が分かりやすいパンチは、勢いこそあっても予知されやすい。ペティスがシングルからダブルに切り替え、テイクダウンを奪い、スティーブンスの背中をキャンバスに付けさせる。

スティーブンスの蹴り上げた足を振り、パンチを落としたペティスが、そのまま肩を殺して再びグラウンドでトップへ。ワキを差して立ち上がろうとするスティーブンスの状態を押さえたペティスは、立ち上がり際にバックを取る。そのまま胸を合わせ、肩を押し込み、テイクダウンに成功したペティスが、ソリッドな攻めで2Rを優位に進めていく。

すぐに立ち上がったスティーブンスをまたも組み倒したペティス。ペティスが倒し、スティーブンスが立ち上がり、再びペティスが倒すという展開が続き、ついにはバックマウントを奪取。後方からパンチを入れると、スティーブンスが鼻血を出す。両ヒザをついたスティーブンスに対し、腕を喉下に差し込んだペティス。

ラウンド終了間際にスティーブンスが胸を合わせてトップを奪うも、2Rを確実に奪った。最終回、右フックを見せたスティーブンスが、ペティスをテイクダウン。ペティスはパンチを入れながら、ハイガードの体勢になるが、上半身を張り、ベースを作ったスティーブンスが立ち上がり、試合はスタンドへ。

打撃の攻防のなかで、ペティスはシングルレッグから引き込んで腕十字を見せたすっぽ抜け、ガードを強いられる。すぐに立ち上がったペティスは、ダブルレッグでケージにスティーブンスを押し込むと、逆にテイクダウン。立ちあがったスティーブンスにフックを連打し、さらにダブルでテイクダウンした。スティーブンスは疲れを表情に表す。

しかし、続くテイクダウンの攻防で、ワキをすくってトップを奪ったのはスティーブンス。ペティスは一瞬背中を預けるも、立ち上がって胸を合わせる。残り1分を切り、ケージ際で激しいテイクダウンの攻防が続き、残り10秒。ペティスに尻餅をつかせたスティーブンスがバックに回ろうとしたが、胸で距離を取ったペティスが後ろ廻し蹴りを見せたところでタイムアップに。

激しいケージレスリングの攻防が見られた一戦は、スプリットでペティスに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie