この星の格闘技を追いかける

【UFC136】エルキンスがティエチュエンを終始コントロール

2011.10.09

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-26、30-27
ジャン・ティエチュエン(中国)

試合開始早々、エルキンスのダブルレッグに対し、得意のギロチンを見せたティエチュエン。しかし、エルキンスは首を引抜くとパウンド、鉄槌を落していく。そのまま左足を引き抜きハーフガードでトップを取ったエルキンスはワキ差しパスガードを狙っていく。

足を抜き、マウントを奪取したエルキンスは、そのまま足を戻され、左エルボーを落とす。再びマウントを奪ったエルキンスは背中を見せたティエチュエンにリアネイキドチョークを仕掛けた。

暴れるティエチュエンは一度、上体を起こしたが、再び腹這いにされパウンドを頭部に受ける。懸命に暴れて、腹を合わせようと試みるティェカン。これにエルキンスは巧みに襷がけを続け、背中に張り付いていく。そのままバックマウントをキープしたエルキンスは、顔面にパンチを入れながら初回を終えた。


2R、拳を合わせにいったエルキンスに、パンチを見舞っていったティエチュエン。再びテイクダウンにギロチンを合わせようとしたが、すぐに首を抜かれ体勢を入れ替えられてしまう。背中を向けたティエチュエンに対し、エルキンスはここでもすぐに足をフックする。

バックマウントから、取られていない方の右腕でパンチを集中させるエルキンス。ティエチュエンが、腹這いになりハーフに戻す。腰を切り、パスに成功したエルキンスだが、腹這いになったティエチュエンが立ち上がった。

すぐにエルキンスがシングルを仕掛け、ギロチン狙いを潰してテイクダウン。ハーフから鉄槌を落すエルキンスはグラウンドで一度は体勢を入れ替えられたが、すぐにトップを奪い返す。

足、腰をコントロールしてティエチュエンを立たせないエルキンスが、そのままトップキープし2Rも終了となった。最終回、シングルレッグ×ギロチンという展開が続き、ついにティエチュエンがタイトな体勢になると、館内から大きな歓声が起こる。

しかし、ここでもエルキンスは首を引き抜き、ファイアーマンキャリーからテイクダウン。足が余り利かない――というよりも、背中をキャンバスにペタンとつけすぎるティエチュエンからまたもマウントを奪っていく。この展開になると、足を戻せるティエチュエンだが、直後にパスを嫌がり、背中を見せたところで、バックを狙われるという1Rから同じ展開が続く。

バックマウントを奪い、四の字フックからリアネイキドチョークを狙うエルキンス。ただし、ティエチュエンの頭の位置が低すぎてチョークは決めづらい。反対にパンチを入れやすいエルキンスは、取られていない方の腕で執拗にチョークを仕掛けるが、ティエチュエンは最後の踏ん張りで、腕を組ませない。試合はこのまま終了し、当然のようにエルキンスが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie