この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】ニアー、ウィスニフスキーを切り裂きTKO勝利

2011.10.02

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・ニアー(米国)
Def.2R終了 by TKO
キース・ウィスニフスキー(米国)

左ジャブを伸ばすニアーに、ウィスニフスキーは右フックからローキックで迎え撃つ。近距離になると、両者が首相撲で組み合い、ニアーがウィスニフスキーをケージ際まで追い込んでいく。

オクタゴンに中央に戻ると、ニアーが左ジャブの連打から右ストレートを狙うも、ウィスニフスキーは距離を取る。それでも、前に出るニアーは、ウィスニフスキーをケージに追い込み、細かいボディを連打する。

首相撲からボディにヒザを返したウィスニフスキー。ニアーの手数が多くなってくるが、ウィスニフスキーも左を見せる。左ボディフックでニアーの動きを一瞬止めたウィスニフスキーだが、ニアーもエルボーでペースを譲らない。1R終了間際には、ニアーが組んだ状態からエルボーを見せた。


2R、ウィスニフスキーの押し込みにも、ニアーは首を固定してエルボー、アッパーを多用する。ボディで反撃を見せるウィスニフスキーだが、ニアーのエルボーを受けて動きは鈍い。ニアーの一方的なペースになるかと思われたが、ウィスニフスキーもヒジを返す。

すると、この一発がニアーに火をつけたかのように、さらにエルボーの回転数が上がり、アッパーにも繋げていったが、顔面を真っ赤に染めたウィスニフスキーが吐き出したマウスピースがケージの外に出てしまう。マットとケージの間にマウスピースが落ちるという珍事で試合は一時中断するが、オクタゴンの下から拾い上げ無事に再開する。

ラッシュを掛けようとしたウィスニフスキーだが、勢いは続かずニアーの左ジャブを受け、ニーの連打からエルボー、さらにヒザ蹴り、パンチを受け続ける。残り15秒、立った状態でギロチンを極めに掛かったニアーが、圧倒的に支配した5分間が終了したが、ウィスニフスキーの傷が酷く、ドクターが試合をストップ。ニアーが2年8カ月ぶりにUFCで勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie