この星の格闘技を追いかける

【BFC51】衝撃のTKO勝利、ヴィラがウォーレンに殴り勝つ

2011.09.25

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
アレックス・ヴィラ(キューバ)
Def.1R1分04秒 by TKO
ジョー・ウォーレン(米国)

1997年のパンナムゲームでプエルトリコを訪れ、そのまま亡命。その当時、10ヶ月だった長女とは、15年も会っていないという紹介VTRが流れたヴィラ。バンタム級でも小柄な40歳の元フリースタイルレスリング世界王者は、まず左ハイを放っていくと、ウォーレンの右ストレートをバックステップでかわし、距離を取り、再び左ハイを見せる。

その後、ヴィラはサークリングを使い、ウォーレンの前進をいなすと、踏み込み、左から右ストレートを打ち込む。この一発で、ケージ際まで吹き飛ばされ、動きが止まったウォーレンに左を打ち込んだヴィラは、組みついてテイクダウンを狙う。だが、ここは体が覚えているのか、ウォーレンはしっかりと対処し倒れない。

パンチを打ち込みながらヴィラが離れると、ウォーレンは右を打ち込みながら前に出てくる。直後、ヴィラの左フックをモロに顔面に受けたウォーレンが後方に倒れ失神。ベラトール世界フェザー級王者に初めてKO負けを経験させたヴィラは、一躍同トーナメントの本命となる衝撃的な勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie