この星の格闘技を追いかける

【BFC51】ノヴァのプリンス=ドゥドゥ、ヘイスを跳びヒザ葬

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
エドゥアウド・ダンタス(ブラジル)
Def.2R1分02秒 by TKO
ウィルソン・ヘイス(ブラジル)

左から右を伸ばし、右ミドルを蹴り込むダンタス、続く右ミドルでヘイスがバランスを崩すも、すぐに立ち上がる。サウスポーのヘイスに、右ハイを放つなど打撃戦を仕掛けるダンタスは、左ジャブから右ストレートを伸ばす。

ヘイスも思い切り左フックを振るうが、距離は合っていない。目に指が入ったとヘイスが一呼吸置くと、ダンタスはフライングニーを見せたが、当たりは浅い。すると、ヘイスが組みついていくがテイクダウンには至らない。

ヘイスは右ローを蹴り、パンチにつなげたいが、ダンタスを追いきれない。ダンタスの右を空振りに終わらせたヘイスは、組みついてテイクダウン狙い。尻もちをついたダンタスは、すぐに立ち上がるも、ヘイスにバックを奪われる。


強引に後方に投げ捨てようとするヘイスに対し、ダンタスは思い切り体重を前方にかけケージにもたれるように耐えきる。レフェリーがブレイクを命じ、試合が打撃戦に戻ると、ダンタスが勢いよく蹴りを放ち、左ジャブを伸ばす。

ヘイスも右ジャブから左ストレートを打っていくが、ダンタスはフライングニー、右ハイキックからパンチにつなげるなど、よりアグレッシブに攻め込んだ。

2R、ダンタスのパンチ、前蹴りに攻め辛そうにするヘイス。ダンタスは右ストレートを打ち込み、右ハイへ。蹴り足を掴んだヘイスだが、テイクダウンはここでもできない。

左を空振りしたヘイスがバランスを崩し、正面を向いたその刹那、ダンタスの跳びヒザが完璧にその顔面を捉える。後方に倒れ込んだヘイスにパウンドを加えたダンタスが打撃の成長を見せつけ、TKO勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie