この星の格闘技を追いかける

【UFC135】ライリー無念。試合中にアゴを骨折

<ライト級/5分3R>
トニー・ファーガソン(米国)
Def.1R5分00秒 by TKO
アーロン・ライリー(米国)

サウスポーのライリーが、右ジャブから前に出ると、ファーガソンが思い切り右アッパーを放っていく。左へ回りながら、右ローを出し、距離感を掴もうとするファーガソン。右アッパーを伸ばすが、ライリーの左ミドルを受ける。

直後の左ハイは跳ねのけたファーガソンは、直後の打撃戦でワンツーを決める。左ハイ、左ローでファーガソンの前進を止めたいライリーだが、ファーガソンのリーチに苦しむ。ここでファーガソンのロングレンジから左アッパーがヒット。動きが止まったライリーが、パンチの集中を許す。

攻め急がないファーガソンはローから左ストレートへ。ケージに詰まったライリーは、右エルボーからアッパーを受けるや口から血を流して懸命に拳、蹴りを繰り出す。残り1分、下がるライリーにアッパー、左ストレート、右フックで追い込んだファーガソン。カウンターに冴えを見せた初回を闘い終えた。

インターバル中にドクターチェックを受けたライリーは、アゴを骨折していたことが判明。ファーガソンがTKO勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie