この星の格闘技を追いかける

【UFC135】ヤギンを圧倒、アスンソンが大差の判定勝ち

2011.09.25

<フェザー級/5分3R>
ジュニオール・アスンソン(ブラジル)
Def.判定3-0:30-26、30-26、30-27
エディ・ヤギン(米国)

背が低いうえに、後ろ足重心で低く構えるヤギンに対し、前蹴りを見せるアスンソン。アスンソンはサウスポーからオーソにスイッチも見せる。そのアスンソンが前に出てくるところにカウンターを狙い、ハイキックを放つヤギン。

なかなか距離が縮まらない両者。アスンソンが真正面から組みつきテイクダウンを奪う。足をさばいてパス狙いのアスンソンは、さらに担いでのパスからヤギンを後方回転させ、バックを伺う。足を戻し、ガードの態勢と取り直したヤギンだが、アスンソンは重い左のパウンドを落としていく。

アスンソンを蹴り上げ、スタンドに戻ったヤギンは、ジリジリと距離を詰めようとするが、アスンソンが左ハイを放ち、距離を取る。再びテイクダウンを奪ったアスンソンにハイガードのヤギンが下からエルボーを放ったところで、初回が終了した。


2R、前蹴りからテイクダウン狙いのアスンソンにヒザを突き上げたヤギンはスーパーマンパンチを放ったが、距離を取るアスンソンに簡単にかわされてしまう。アスンソンはシングルレッグから、バックに奪ってテイクダウンに成功。さらにハーフフックでバックに周り込む。着地したアスンソンと胸を合わせたヤギンが巧みにテイクダウンを防ぐと、アスンソンは自らが距離を取った。

オーソにスイッチして左ジャブ、サウスポーに戻して左ローを見せるアスンソンが、距離をコントロールする。続くテイクダウン狙いは、ヤギンのギロチンに掛かるも、腕を掲げて「効いていない」とアピールし、首を引き抜いてスタンドへ戻る。残り10秒、前に出てくるヤギンをいなし、距離を取ったアスンソンに、ブーイングが浴びせられた。

最終回、前に出るヤギンに対し、打撃戦を嫌がるように組みついたアスンソンが引き込む。すぐに立ち上がった両者。ヤギンはパンチを振るいながら突っ込むが、アスンソンは距離をとってかわし、再び組みついていく、

ヤギンはギロチンで迎え撃ち、ジャンピングガードの体勢をとるも、アスンソンが首を引き抜いてトップを奪う。慎重に首を殺しながら、アスンソンがパウンドを落とす。嫌がって手首を掴むヤギンだが、その顔面にアスンソンのパウンド、エルボーがリズムよく落とされた。

さらに右のパウンドを交えるアスンソンの攻撃の前にヤギンは苦しそうに腕を差し出すが、首をコントロールされて、距離を作ることができない。アスンソンのパウンドの回転数が上がり、苦しげな表情を浮かべるようになったヤギンは、同時に動きも鈍くなる。

顔を覆うようになり、パウンドを連続で受けるヤギン。終盤はアスンソンがヤギンを圧倒し、タイムアップを迎えた。ジャッジの裁定は、30-26が2人出る大差の3-0で、アスンソンが判定勝ちをモノにした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie