この星の格闘技を追いかける

【It’s Showtime】マラット・グリゴリアン、バイタールに快勝

<73キロ/3分3R>
マラット・グリゴリアン(ベルギー)
Def.判定5-0
ヤシン・バイタール(ベルギー)

マラットは3月27日のベルギー大会で地元のエースとしてリングへ上がり、セビリアーノ・リーセルをTKOで下した。対するバイタールは、動き回ってコツコツと攻撃を当てていくタイプのファイターだ。

1R、互いに様子を伺うように弱いローキックを放ち、レフェリーに注意される、すると先ほどとは打って変わって双方が鋭い打撃に。マラットがパンチ連打でコーナーへと追い詰める。

バイタールもハイキックを出すが威力なし。マラットがパンチ、アッパー、右フックでバイタールに襲い掛かった。バイタールもマラットの攻撃をブロックでしのぎ、カウンターのパンチを放ったところで終了。


2R、パンチ連打でマラットに向かっていくバイタール。マラットはしっかりブロックしてワンツーからボディパンチ、ヒザ蹴り、アッパーと繰り出した。マラットのパンチがバイタールの顔面を捉える。後ろに下がるバイタールも体を入れ替えてパンチ連打でやり返した。

やみくもにパンチを振るうバイタールにマラットは飛びヒザ蹴りからコーナーに詰めて右ハイキック。さらにパンチを放っていくが決め手にならず、2R終了。

3R、マラットがジリジリとコーナーに追い込んでヒザ蹴りやパンチを放つ。前蹴りで突き放そうとするバイタールに、マラットはパンチで距離を詰めて左フックから右アッパーを狙い、さらに右ミドルキック、ヒザ蹴りと攻め立てる。

苦しいバイタールの顔面にマラットの右ストレートが捉える。動きの鈍りだしたバイタールにマラットはパンチ連打からヒザ蹴りを放ちフルタイム。判定でマラットが勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie