この星の格闘技を追いかける

【AFC01】本番前日。上田、会見でも変わりなく

2011.09.14

14日(水・現地時間)にブラジルのマナウスで開催されるAmazon Forest Combatの公開計量と記者会見が、13日(火・同)に同地で行われた。

70キロ契約でホイラー・グレイシーと対戦する上田将勝は、67キロ丁度で計量を終え、ホイラーは69.5キロだった。

計量後に行われた記者会見では、上田の通訳として師匠である中井祐樹も出席、大会ゲストのリョート・マチダやホイス・グレイシーも同席した。会見で現地記者の質問はホイラーに集中にしたが、上田にも「ブラジルで、このような舞台で戦えることをどう思うか」という問いがあった。これに対し、上田は「とても嬉しいことです」と、らしいコメントを残したのみ。


会見とは別に、日本のファンに「緊張していますが、メインイベンターの責任を果たす為にも、また次のキャリアにつなげるためにも絶対に倒します」と、MMAPLANETにコメントを寄せてくれた。

ホイラー・グレイシーの引退試合の相手をブラジルで務めるという、今後他のファイターにはない経験も、勝ってナンボというもの。上田には現代MMAで養った技術で、古豪に引導を渡す役割を果たしてもらいたい。

■AFC01対戦カード

<ライト級/5分3R>
ホイラー・グレイシー(ブラジル)
上田将勝(日本)

<5分3R>
パウロ・フィリョ(ブラジル)
石井慧(日本)

<ウェルター級/5分3R>
レオナルド・バタタ(ブラジル)
ジョシュ・バークマン(米国)

<ミドル級/5分3R>
マイケル・ファルカォン(ブラジル)
アントニオ・ブラガ・ネト(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
カロ・パリジャン(米国)
ジョーダン・スミス(米国)

<ライト級/5分3R>
ホニ・トーレス(ブラジル)
ドリュー・フィケット(米国)

<ウェルター級/5分3R>
セルジオ・ジュニオール(ブラジル)
ダニエル・アカーシオ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
アレッシャンドリ・キャピタォン(ブラジル)
シャノン・スラック(米国)

<フライ級/5分3R>
ディレノ・ロピス(ブラジル)
ダニー・マルチネス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ジョルジ・クライ(ブラジル)
アンソニー・バーチャック(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie