この星の格闘技を追いかける

【BAMMA07】サンクレア、代役ヴィタウを右アッパー葬

2011.09.11

<BMMA世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]ロブ・サンクレア(英国)
Def.3R3分00秒 by KO
[挑戦者]ディエゴ・ヴィタウ(ブラジル)

レオ・サントスは体重が落ちないことを理由に、英国入り自体を拒否し、急遽挑戦権が回ってきたヴィタウ。リバプールのカオボン・ジム所属の王者サンクレアは、右ローを連打していく。左足にローを受けるヴィタウは、右前蹴りを顔面に蹴り上げたが、サンクレアがすぐに組みつく。

ケージに押し込んだのはサンクレアだったが、ヴィタウがケージ中央に押し込みテイクダウンを奪う。ハーフの態勢のヴィタウは手首を掴まれパウンドが落とせないまま、サンクレアが潜りからダブルレッグへ移行し、試合はケージレスリングの攻防に。

尻もちをつくも立ち上がったヴィタウを、豪快にリフトアップしスラムしたサンクレアは、パンチから距離を取ろうとするヴィタウを強引に押し倒すも、すぐに立ち上がられる。ケージまで王者をドライブした挑戦者は、再び反対側のケージまで押し込みバックに回り込むと、ケージに足を掛けて背中に貼りつこうとする。


向かい合ったサンクレアは、右エルボー、距離を取ってからはボディを打ち込む。手打ちながらパンチで抵抗するヴィタウに対し、王者は左アッパー、さらに左フックを打ち込むも、ヴィタウも右を返して初回が終了した。

急遽出場したため、スタミナに不安が残るヴィタウにサンクレアが、強烈なローキックを見舞う。ローを重ねる王者は、ケージに詰まったヴィタウに強烈なボディを放っていく。すると、左フック、右、さらに左とパンチを打ち込んだサンクレア。左右のパンチで攻め込むと、ヴィタウは棒立ちの状態で右を返す。

懸命に組みついてケージに押し込みたいヴィタウに対し、態勢を入れかえエルボーから、パンチを3つヒットさせるサンクレアが余裕のスタンド戦を続ける。足が揃い気味になってきた挑戦者に、組んでからヒザ、エルボー、さらにダブルレッグを狙ったサンクレアだったが、ここはヴィタウが逆にケージへ押し込んでいく。

ここでも体を入れかえたサンクレアが、ケージ中央に戻り打撃でプレッシャーを与える。時折りパンチを返すヴィタウを詰め切れない王者は、さらにスタミナを奪う作戦か。

残り30秒となっても、ほとんど距離を詰めなかったサンクレアは、最後の5秒ほどでパンチの連打を見せたが、ヴィタウも打ち返したところで2Rがタイムアップに。3R、左からローを伸ばしたサンクレアは、ここもローで攻めていく。ケージ際を右へ回るヴィタウは、蹴り足を掴んで前に出るも組みつけない。

逆に組みついたサンクレアが、両ワキを差してケージに押し込むと、腿にヒザを突き立てる。離れ際の右エルボーを受けたヴィタウ、それでも蹴り足を掴もうと前に出る。打撃で圧倒しておきながら、不用意なショートを受けるシーンもあった王者も、3Rはやや運動量を落としている。すると、ヴィタウが自ら距離を詰めてきたところで、右アッパー一閃。

この一発で、キャンパスに背中から崩れ落ちたヴィタウ。立ち上がろうしたところに、後方から右を一発見舞ったサンクレアをレフェリーが止め、代役チャレンジャーをKOで下した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie