この星の格闘技を追いかける

【UFC134】アンデウソン・シウバ×岡見勇信、待ったなし

Anderson vs Okami
【写真】厳しい表情でアンデウソン・シウバの顔を見やった岡見勇信。いよいよ、明日、両者の戦いが行われる(C) MMAPLANET

27日(土・現地時間)にリオデジャネイロ・バッハのHSBCアリーナで開催されるUFC RIO「Silva vs Okami」の公開計量が26日(金・同)に、同所で大勢のブラジル人ファンを集め、行われた。

会場一番人気はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ。そのミノタウロへの声援と同じような大きさのブーイングを浴びながらも、岡見勇信は観客席に手を振りながら計量のステージへ。リミットから2ポンドアンダーで計量を終えると、アンデウソンも1ポンドアンダーでパスした。

その後、両者はファイティングポーズを取ると互いお辞儀、最後は握手をして距離を取った。「ベルトを持ち帰ります。自分を信じています」という岡見には、当初のブーイングから、なんとイベント当日や柔術の会場などでもよく聞かれる『死ね』コールが起こる。


一方、大声援を受けたアンデウソンは、「明日、ブラジル×世界という最高の大会を見てほしい。この戦いの一員になれて嬉しい。ブラジル×世界で、ブラジルの応援をしてほしい」と最後まで涼しい表情で語り、公開計量を終えた。

■UFC134「Silva vs Okami」計量結果

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者]アンデウソン・シウバ:184ポンド(83.46キロ)
[挑戦者]岡見勇信:183ポンド(83.00キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マウリシオ・ショーグン:205ポンド(92.98キロ)
フォレスト・グリフィン:205ポンド(92.98キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ブレンダン・シャウブ:247ポンド(112.03キロ)
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ:243ポンド(110.22キロ)

<ライト級/5分3R>
エジソン・バルボーザ:155ポンド(70.3キロ)
ロス・ピアソン:155ポンド(70.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ルイス・カーニ:204ポンド(92.53キロ)
スタニラフ・ネドコフ:203ポンド(92.07キロ)

<ライト級/5分3R>
スペンサー・フィッシャー:156ポンド(70.76キロ)
チアゴ・タヴァレス:156ポンド(70.76キロ)

<ミドル級/5分3R>
ホウジマール・トキーニョ:185ポンド(83.91キロ)
ダン・ミラー:184ポンド(83.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
パウロ・チアゴ:169ポンド(76.65キロ)
デビッド・ミッチェル:171ポンド(77.56キロ)

<バンタム級/5分3R>
ハファエル・アスンソン:134ポンド(60.78キロ)
ジョニー・エドゥアウド:135ポンド(61.23キロ)

<フェザー級/5分3R>
ユーリ・アルカンタラ:144ポンド(65.31キロ)
フェリッピ・アランテス:145ポンド(65.77キロ)

<バンタム級/5分3R>
イアン・ラブランド:135ポンド(61.23キロ)
イーブス・ジャボウィン:135ポンド(61.23キロ)

<ウェルター級/5分3R>
エリック・シウバ:169ポンド(76.65キロ)
ルイス・ラモス:171ポンド(77.56キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday