この星の格闘技を追いかける

【Shooto Brazil】6連続1R勝利でUFC復帰目指すトーレス

2011.08.24

Torres25日(木・現地時間)に行われるShooto Brazil Fight for BOPE。リオデジャネイロ州警察の特別警察作戦大隊での大会には、UFC復帰を目指す、ホニ・トーレスも出場し、アクバル・アレオラと対戦する。

【写真】7月20日のClube da Lutaでエドゥアウド・パチュを1Rで下し、5試合連続1R一本もしくはTKO勝ちを達成したホニ・トーレス(C) MARCELO ALONSO

ホニは14勝1敗という戦績をもって、2010年2月にUFCデビューを果たすも、緒戦でメルビン・ギラード、続く3月のジェイコブ・ヴォルクマン戦に連敗し、僅か2カ月でUFCをリリースされてしまった。

ただし、ヴォルクマン戦はスプリット判定、ギラード戦にしても再三テイクダウンを奪い、パスにも成功したが、待ちの姿勢で大振りのパンチを振るうギラードが2Rを取るという不可解な判定負けを喫したに過ぎない。打撃の交換を好まず、シングルレッグから足払いにつなげてテイクダウンを奪う戦法をジャッジに否定されたトーレスだが、UFCで戦えるという気持ちが残っていて然り。


「UFCをリリースされたとき、5試合連続で一本勝ちを奪えばまた戻ることができると聞かされている」というトーレスは、リリース後、アドリアーノ・マルチンスに痛い判定負けを喫したものの、それ以降は5連勝を達成、全ての試合が1Rで一本、もしくはTKO勝ちとなっている。

それでもUFC復帰の朗報は届かないトーレス。WEC併合後、さらに厚みの増したライト級戦線に加わるには、5連勝した対戦相手の実績の少なさが響いているかもしれない。今回の対戦相手アレオラもメキシコを主戦場にする無名に近いファイター。ここでもトーレスに求められるのは、1R一本勝ちという試合になる。

また、同大会では1990年代半ばからルタリーブリ代表として活躍してきたジョイユ・オリヴェイラが出場。昨年9月以来のリングで、1999年のVTJで桜井マッハ速人と戦ったアロウド・ビクトリアーノとベテラン対決を行う。

■Shooto Brazil Fight for BOPE主な対戦カード

<修斗クルーザー級/5分3R>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
マーヴィン・イーストマン(米国)

<修斗ウェルター級/5分3R>
ホニ・トーレス(ブラジル)
アクバル・アレオラ(メキシコ)

<修斗フェザー級/5分3R>
ホドウフォ・マルケス(ブラジル)
ジェシー・ブロック(米国)

<修斗ウェルター級/5分3R>
ハクラン・ディアズ(ブラジル)
エディ・ホック(米国)

<修斗ウェルター級/5分3R>
アロウド・ビクトリアーノ(ブラジル)
ジョイユ・デ・オリベイラ(ブラジル)

※階級はオフィシャルアナウンスがなく、過去の戦績を踏まえ修斗の階級で表示しており、正式発表ではありません

<UFCアルティメット・コレクターシリーズ>
大人気、Round 5の新作UFCフィギュアシリーズ絶賛予約受付中!
GSP、フランク・エドガーらに加え、ユライア・フェイバー、オクタゴンガール=アリアニー・セレステらも登場。予定個数に達した時点で受付終了となります。ご予約はお早めに!!
詳細をチェック
PR
PR

関連記事

Movie