この星の格闘技を追いかける

【BFC48】コンラッド “距離を取る”ブエンテーロに判定勝利

2011.08.21

<ヘビー級/5分3R>
コール・コンラッド(米国)
Def.判定3-0
ポール・ブエンテーロ(米国)

軽快に左を伸ばすコンラッド。自分の距離が取られないブエンテーロは柔らかい構えで左へ回るも、そのサークリングを追いかけて、コンラッドはローを見せた。

なかなか距離が縮まらない両者の左が交錯する。左ローから距離を詰めてワンツーを放ったコンラッドは、まだ組みつきにいかない。館内のブーイングが大きくなっても、両者の距離は変わらない。左ジャブから左ロー、さらにアッパーをみせたコンラッドは、打撃の成長を確かめるかのようなファイトだ。

残り30秒、ブエンテーロのステップバックは変わらず、コンラッドもまた組まないまま初回が終わった。


2R、ブエンテーロが初回よりも前に出る姿勢を見せる。コンラッドは左ジャブ基調のファイトに変わりない。コンラッドが大きく踏み込んでパンチを見せると、ブエンテーロは距離を大きくとる。左ローから左ジャブを伸ばすコンラッドに、ブエンテーロは受けながら下がり、完全なカウンター狙いだ。それでも前足にローキックを受け過ぎたか、コンラッドの左ローで姿勢を崩す。

残り2分を切って、初めて組みついたコンラッドだが、ここでもブエンテーロは距離を取る。コンラッドの肩のあたりが汗で光るなか、ブエンテーロが前に出てパンチを放つと、コンラッドはアッパーをボディに打ち込む。やや動きが止まったブエンテーロ。残り20秒となりコンラッドが思い切って前に出て打ち合いを挑むも、ブエンテーロが引かなかったため、自ら距離を取ってしまう。

最終回、2発、3発とパンチが交錯すると、下がるのはコンラッドだ。それでも左から右を果敢に伸ばし、飛び込んで右を打ち込んだブエンテーロを左で迎え撃つ。

前方にバランスを崩したブエンテーロからバックを奪ったコンラッドは、リアネイキドチョークを狙う。ここは逃れたブエンテーロだったが、背中をマットにつけ、しっかりと抑え込まれてしまう。

ハーフから細かいパンチを落とすコンラッドは、ケージに詰めてブエンテーロを殴り続ける。しっかりと抑え込まれ、成す術がないブエンテーロは、下から首にしがみつく。すると、残り1分でレフェリーが試合をストップ。ブレイクにより試合はスタンドで再開する。

右を伸ばし、前に出るブエンテーロに対し、右ボディを決めたコンラッド。最後はケージ際での組み合いの展開で試合終了。結果、コンラッドが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie