この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE5】執拗な首狙い、ヴォルクマンが判定勝ち

2011.08.15

<ライト級/5分3R>
ジェイコブ・ヴォルクマン(米国)
Def.判定3-0
ダニー・カスティーリョ(米国)

サウスポーのヴォルクマンは、すぐに距離を詰めるが、カスティーリョが首相撲からヒザ、パンチで応える。距離を取ったカスティーリョは、左フックをヒットさせ、距離を詰めると右ストレートからローを蹴り込む。

右ローが切れるカスティーリョだが、ヴォルクマンがテイクダウンに成功。カスティーリョが潜りスイープを仕掛けると、ヴォルクマンはダースチョークへ。カスティーリョは、ヴォルクマンの体を越して逆サイドに回り込むと、ヴォルクマンの腕の動きが窮屈になり、首を引抜くことに成功する。

ガードを取ったヴォルクマンがケージを背に立ち上がると、試合は再び打撃の展開へ。カスティーリョは右ミドルから、ダブルレッグを仕掛ける。ヴォルクマンはヒザをついて尚、前に押し込むが、ヴォルクマンはしっかりとその頭の上に座り込み、持ち上げることを許さない。ヴォルクマンの座る位置がずれ、カスティーリョがリフトアップしようと試みる中、初回終了のホーンが鳴った。


2R、カスティーリョは思い切ってエルボーを放ち、そのままテイクダウンへ組みついていく。ケージを背にしたヴォルクマンがエルボーを狙うも、カスティーリョはダブルレッグからテイクダウンへ。

ヴォルクマンは、ここでもダースチョークの態勢、さらにはギロチンに移行するが、自ら技を解き、立ち上がることを狙う。ケージを背に立ち上がったヴォルクマンは、スタンドのカスティーリョのシングルを潰し切れず、持ち上げられてテイクダウンを許す。すぐに体を入れかえたヴォルクマンは、逆にシングルでトップを奪い返した。

ヴォルクマンはハーフから首を固め、そのまま肩固めを狙う。カスティーリョが察知し、首を引抜き、潜りからシングルへ。ワキを差したヴォルクマンがまたもダースチョークからトップを奪う。体をロールして、ここも難を逃れたカスティーリョだが、ヴォルクマンは執拗に首を狙い続ける。残り30秒を切り、再びダースチョークに捉えたヴォルクマンは、残り10秒を切り、エルボーに切り替えて2Rを戦い終える。

最終回、スーパーマンパンチ風に右ストレートを振るったカスティーリョ。あれだけダースを見せられると、テイクダウンには行き辛いか。バックに回り込んだヴォルクマンに、エスケープからカウンターを狙うカスティーリョ。オールアメリカンレスラー同士の目まぐるしいスクランブルの攻防が見られる。

打撃を取り入れたカスティーリョはローを蹴り込むが、ヴォルクマンがテイクダウンを合わせる。体を起こそうとしたカスティーリョから、ここもダースチョークの態勢に入ったヴォルクマン。十分の体勢になるが、カスティーリョも足を絡ませ抵抗する。体を捻って逃げるカスティーリョだが、ガードからワキを差し、エルボーから、またもダースを受ける。残り15秒、極め切れることができなかったヴォルクマンは、バックに回り込み、試合はタイムアップへ。

タップを奪うことはできなかったが、テイクダウンとダースで試合を組み立てたヴォルクマンが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie