この星の格闘技を追いかける

【UFC133】攻めの姿勢見せたヘンドリックスに凱歌

2011.08.07

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国)
Def.判定2-1:29-28、29-28、28-29
マイク・ピェース(米国)

ウェルター級とは思えない重量感あふれる体格を誇る両者。重いパンチを振るうピェースにヘンドリックスがボディへのヒザで後退させる。ケージに詰められたピェースはヘンドリックスにフックを打ち込まれるも、押し返して離れ際にフックを狙う。

左から右を打ち込んだヘンドリックスに対し、ピェースも左を返すが、これは空振りに終わった。右ハイをブロックされたピェースは、ラウンド終了間際にボディへのヒザを受ける。2R、踏み込んでパンチを放つヘンドリックスのプレッシャーに負けず、右を打ち返すピェースは遠い距離からテイクダウンを狙う。ヘンドリックスはケージを背に耐える。互いに組んだ状態でボディへと細かいパンチを打ち込む。


リング中央でテイクダウン狙いのヘンドリックスに、ピェースはケージへと押し込んでいく。自ら距離を取ったピェースは、左フックを放つが再びニーを受ける。めけずにパンチを振るい、右をヒットさせてヘンドリックスの動きを止めた。

前へ出るピェースに細かいフックを打ち込むヘンドリックスは、そのままシングルレッグへ。アームロックの体勢で耐えるピェースが体を起こしたところで2Rが終了した。最終回、ヒザを連続で打ち込まれたピェースはバックに回り込もうとするが、それでもヘンドリックスのヒザ蹴りで突き上げられてしまう。

首を取り合った状態で、フックの連打と見せたヘンドリックスのテイクダウン狙いを再びがぶったピェース。ヘンドリックスは左、右と組まれる前にヒザを見せる。それでも組みついてヘンドリックスをケージに押し込んだピェースは胸を合わせたヘンドリックスから、サイドに回り込むようにしてテイクダウンを奪うことに成功。

クローズドガードのヘンドリックスは頭を抱えてパウンドを許さない。右エルボーを落としたピェースは蹴り上げてきたヘンドリックスの両足を払い、顔面蹴りだとアピールする。再開後、ヒザをボディに蹴り込んだヘンドリックスが、シングルレッグへ。頭を下げたまま、体力勝負の組み合いを見せたヘンドリックスは攻める姿勢を見せたまま試合終了まで動き続けた。ジャッジの一人はピェースにつけたもの、ヘンドリッグスが2-1で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie