この星の格闘技を追いかける

【TUF8】第3週。チーム決定、高額契約金をかけた戦いが開始

2008.10.09

(C)ZuffaTUFシーズン8第3週は、ホーム入りをかけた予選を生き残った16名がチーム・ノゲイラ、チーム・ミアに振り分けられるセレクションが行われた。しかし、そのセレクションのためにジムに集められた彼らの前で、ダナ・ホワイトからまたもや厳しい現実をつきつけられる。

【写真】シーズン8、初戦に登場したトム・ローラー。ライアン・バダー戦にミアは「良い試合になる」と自信を持っていたが―― (C)Zuffa

予選のベストバウトといえる激しい一戦を制したライトヘビー級のカーン・グリゴーリャンと、寝技で頭部にニーを受けノーコンテストながら生き残ったブライアン・マクローリンの二人が、ネヴァダ州アスレチックコミッションより180日間のサスペンションという裁定が下り、ホームでの生活を回避せざるをえなくなったのだ。


「ゲットアウト」――、ダナの声で二人はジムを後にした。その後、敗者復活となりニコニコ顔のカイル・キングスベリーがライトヘビー級のセレクションに参加。ライト級に復帰する一名はベガス到着が翌日になるため、セレクションの最後の一人としてカウントとされることとなった。

コイントスの結果、ファイターの選択権を得たのはミア。これで自動的に初戦の対戦カードを選ぶ権利がノゲイラの手に渡る。その後は勝利チームがマッチアップを選択できるようになるのが、TUFの仕組みだ。

ライトヘビー級の8人から、ミアがまず選択したのはクリジストフ・ソジンスキー、ノゲイラは「最も勝ち残る可能性が高い」とライアン・バダーの名前を真っ先に挙げた。続いてライト級はジョニー・ブローウィングをミアが、ノゲイラがフィリップ・ノヴァーを選んだ。

次々と名前を挙げられていくファイターたち。結果、シーズン8のチーム分けは、以下の通りとなった。

■チーム・ミア
クリジストフ・ソジンスキー
ヴィニー・マガリャエス
エリオット・マーシャル
トム・ローラー
ジョニー・ブローウィング
ショーン・ネルソン
デイブ・カプラン
ジョージ・ループ

■チーム・ノゲイラ
ライアン・バダー
シェーン・プリムン
カイル・キングスベリー
ジュールス・ブルーシェス
フィリップ・ノヴァー
エフライン・エスクデロ
ジョン・ポラコウスキー

またチーム・ミアのアシスタントコーチは、グラップリングがADCC無差別級王者ロバート・ドリスデール、打撃はケン・フン、ノゲイラ陣営にはダニエル・ヴァルヴェルジとアル・スタンキーが加わった。

ライトヘビー級で全体の3番手で指名となり、チーム・ミア入りとなったマガリャエスは、いたくプライドを傷つけられたようで「ノゲイラは僕を最初に選ばなかったことを後悔するようになる」とセレクション後に語っている。ちなみにマガリャエスは、2006年5月にLAで行われたプロ・グラップリング戦で、コーチに収まっているドリスデールを下している――。

チーム・ノゲイラのライト級最後の一人は翌朝にチームに合流したロリ・デルガドとなり、ホームに姿を現した彼を一瞥したジョージ・ループ(サバイバル戦でデルガドから勝利)は、「また、倒してやるだけ」と闘志を燃やした。

ようやく本格的なホームでの生活が開始すると、早速、ブローウィングがアルコールをとりまくり、大騒ぎ。それを見ていたソジンスキーは、「ジョニーはシーズン1のクリス・レーベンを気取っているんだ。レーベンのようなキャラクターは、僕は最悪だと思っている」と言いつつも、他のメンバーから締め出しをくらい、プールサイドで泥酔状態にあったブローウィングを部屋に運んでやるやさしさを見せていた。

そのブローウィング、飲んで笑い、怒り、最後は「みんな、それぞれ色んなことがあって、ここに来たと思う。けど、俺は誰よりも厳しい生活をしてきたんだ」と泣きだす始末。今後、ホームの生活を左右するキーパーソンになりそうだ。

そんな中、早速生き残りをかけたライトヘビー級の一戦がスタート。ノゲイラが、メンバー最強と自信を持つバダーの相手にトム・ローラーを指定した。

「トムはバダーと同じレスラータイプ、いい試合になる」とミア。ノゲイラは、全員を集め「一丸となって、戦いぬこう」と協調性をアピールする。

計量を終えた大会前日、ノゲイラは打撃コーチのアル・スタンキーとともにホームを訪れ、バダーの様子をうかがいつつチーム全員と夕食をとる。「落ち着いているし、問題ない」と勝利を確信するが、そんなチーム・ノゲイラの様子を見ていたチーム・ミアの一人は、「うちのコーチはどこにいる?チーム・ノゲイラの一体感と比べると――」と、不満を口にした。

また、6桁の契約を賭けた最初の一戦は、ミアの予想を裏切り、試合はバダーのほぼ一方的なものとなった。スタンドのパンチからテイクダウンし、パスを狙いつつパウンドを落とすバダー。ローラーも何とか立ち上がることに成功し、果敢に殴り合いに挑むが左ストレートを浴び、再びガードを強いられる。

エルボーや細かいパウンドを受けるローラーは、リバーサルを狙い、さらに両足を突き上げて距離を作る。と、バダーはローラーの両足をさばいて、飛びこむようにパウンドを落とした。この一撃が完全にローラーの顔面を捉え、勝負あり。意識を失ったローラーが、ホーム生活に入ったシーズン8最初の脱落者となった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday