この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】クーネン陥落、新女王=テイトが誕生

<Strikeforce女子バンタム級世界選手権/5分5R>
[挑戦者]ミーシャ・テイト(米国)
Def.4R3分03秒 by 肩固め
[王者]マルース・クーネン(オランダ)

試合前、マルースが、グローブを合わせる際に叩き落とすような仕種を見せ、緊張感に包まれる中、スタート。すぐに組みついていったテイトが、マルースをケージに押し込んでいく。ヒザを入れ、体勢を入れかえたマルースだが、テイトも負けずに体を入れかえる。距離を取った両者。マルースの左がヒット。テイトは低い姿勢でテイクダウンを狙い、マルースがギロチンを仕掛ける。そのままテイクダウンに成功したテイトだが、マルースの腕は彼女の首に絡みついたままだ。

かなりタイトに見えたギロチンを逃れたテイトは、そのままサイドへ。上四方固めの体勢から、マルースの右腕にヒザを置いて抑え込むテイト。懸命にヒップエスケープを続けるが、マルースは足を戻すことができない。テイトは頭を越えて、腕関節を狙う。だが、これをマルースが耐えると、鉄槌を落していく。初回はそのままテイトが抑え込んだ状態で終了した。


2R、すぐにマルースをドライブしたテイト。マルースはボディにヒザを突き上げる。シングルに切り替えたテイトに対し、マルースはテイクダウンされるタイミングでバックに回り込む。そのまま片足をフックした状態で、リアネイキドチョークを仕掛けたマルースは、そのまま四の字フックに。体を起こしたテイトの背中を再び伸ばしたマルースは、パンチを織り交ぜながら絞めを狙う。体を回転させ必死にエスケープを図るテイトは、マルースの右手を伸ばしてディフェンスするも、パンチを浴びてしまう。残り30秒を切り、マルースが腕を狙う。テイトはヒザをついて抵抗し、2Rを乗り切った。

3R、マルースのローにテイトはパンチを合わせる。鋭い右ローを見せたマルース。しかし、そのローにテイクダウンを合わされてしまう。ガードを取ったマルースに対し、テイトは腕を取られないようパウンドを落す。腰を切らせないよう、体重をかけていくテイトは、立ち上がってパウンドを落す。オモプラッタを狙ったマルースは、クローズドに戻すと、レフェリーがブレイクを命じる。

疲れの見える両者。ここでもテイトがテイクダウンに成功する。アームロックの体勢のマルースだが、頭を深く入れられているので、関節技に移行できない。足をすくいにかかるマルース。テイトは徹底してトップキープに専念する。最後にリバーサルに成功したマルースだが、3Rはチャレンジャーのものとなったか。

4R、マルースが左を伸ばすも、1分を経過したところでテイトがダブルレッグでテイクダウン。足を効かすことができないマルースは、そのままサイドを奪われる。テイトはサイドから腕を固めてパンチを落す。しっかりと抑え込むテイトは、ニーインザベリーからマウントでなく、そのまま反対側に回り込み肩固めの体勢に入る。

後方回転でディフェンスを試みたマルースだが、テイトの絞めの前にタップアウト。今回から女子バンタム級と呼ばれるようになった135ポンドのストライクフォース世界女子世界王座をテイトが奪取。「タフなキャンプが、私をよりタフにしてくれた」と新王者はコメントを残した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie