この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】業師ケネディがローラーを弄ぶ

<ミドル級/5分3R>
ティム・ケネディ(米国)
Def.判定3-0
ロビー・ローラー(米国)

ケネディが距離を詰めたところに、サウスポーの構えからパンチを繰り出すローラー。ケネディの動きをしっかりと見て、プレッシャーを与えていく。右ストレートをヒットさせたローラーだが、同時にケネディの蹴りを急所に受け、一旦、インターバルを要求する。

再開後、ケネディのテイクダウン狙いを切ったローラーがスタンドをキープ。再びテイクダウンを切ると、思い切りフックを放っていく。ケネディはシングルを切るローラーの背中にしがみつくように、バックをうかがう。そのまま後方に叩きつけようとしたが、ローラーは距離を取り、目まぐるしいスクランブルの攻防へ。最終的にスタンドに戻ったローラーは、残り1分でケネディにダブルレッグダイブを決められる。パスガードからマウントを奪取したケネディ。ローラーは腰を押してヒップエスケープから立ち上がる。終了間際のスタンドの攻防で、ケネディの前蹴りがローラーの顔面をかすめた。


2R、ローを放つケネディ。ローラーは左に回りながら、ケネディのテイクダウン狙いを切っていく。パンチを打ち込むよりも、まずはテイクダウンのディフェンスに集中し、ケネディのスタミナロスを待つローラー。自ら距離を詰めることはほとんどない。低い姿勢で頭を振るローラーに対し、ケネディは前蹴りで姿勢を起こさせる。そして、直後にローラーのアッパーカットを鼻に受けながら、ケネディは怯むことなくダブルレッグへ。懸命に手をついて立ち上がろうとしたローラーだが、ケネディは腰をコントロールしテイクダウンに成功する。

ハーフから首を固めるケネディは、鼻血が多く、呼吸が苦しそうだ。それでもクローズドガードのローラーにパウンドを集中させるケネディは、左エルボーも見せる。ケネディが引き続きボディから顔面にパウンドを落すと、ローラーが下からエルボーを突き上げる。テイクダウンを許したものの、ローラーはダメージを最小限に抑え、試合は最終回に。

前蹴りで顔面やヒザを狙うケネディ。ローラーはプレッシャーをかけて、ケネディをケージ際に追い込む。ケネディはローラーの制空圏から逃れるようにダブルレッグを見せるが、疲れを隠すことはできない。フライングニーを見せたローラーだが、残り時間が少なくなっても、慎重に距離をとった。残り2分を切り、ケネディが前に出てくると、ステップバックでかわしたローラー。ケネディのヒザ蹴りにアッパーを合わせる。手数より、一撃に賭けるローラーだが、最後までクリーンヒットがないまま試合はタイムアップを迎えた。結果、フルマークでケネディが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie