この星の格闘技を追いかける

【BFC47】サンドロがパンチのコンビで完勝、決勝へ

2011.07.24

<フェザー級トーナメント準決勝/5分3R>
マルロン・サンドロ(ブラジル)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 30-27
ナザレノ・マレガリエ(アルゼンチン)

チアゴ・タヴァレスをセコンドにつけたマレガリエは、いきなり右を伸ばすが、サンドロはステップバックでかわすと、右アッパーを振るいながら前へ。距離を取り直した両者、サンドロは前に出てきたマレガリエに組みついてヒザを見せる。

右フックを入れたサンドロは、首相撲の態勢に入るが、マレガリエも素早く反応し、攻撃を受けない。勢いよく飛び込んでくるマレガリエにボディを入れ、右フックを打ち抜いたサンドロ。さらに左をクロスで入れ、返しの右を放っていく。ケージに詰まりがちになったマレガリエは、シングルレッグを狙うが、サンドロは足を捻って切り抜ける。


出足が鈍ってきたマレガリエにサンドロがプレッシャーを与えるが、まだ一発のパワーは残っている。慎重に右ストレートをカウンターでヒットさせたサンドロは、右フックからアッパー、左フックを見せる。終了間際、左ハイでバランスを崩したサンドロにマレガリエが距離を詰めるが、有効打はなく、サンドロ攻勢の初回が終了した。

2R、ペースを掴みたいマレガリエが前に出てくると、サンドロが右から左を入れて突き放す。テイクダウン狙いも防御したサンドロは、ストレート系と振りの大きなフック、真下から突き上げるアッパーで、プレッシャーを与え続ける。

左ジャブを散らされ、自分の距離で打撃を出せないマレガリエは、組み付いていくが、逆にサンドロにテイクダウンを奪われる。寝技に固執しないサンドロはスタンドに戻ると、マレガリエのパンチをヘッドスリップでかわして、左フックから右ストレートを打ち込む。

マレガリエの右フックにダブルレッグを合わせたサンドロは、そのままバックに回り込み、ケージまでドライブ。胸を合わせたマレガリエをテイクダウンして、立ち上がり際にパンチを打ち込む。自ら距離を取ったサンドロは、ここでフライングニー。さらにシングルレッグでテイクダウンを奪い、余裕の試合展開で2Rも戦い終える。

2ラウンドとも失っているマレガリエ。最終回も気持ちは折れることなく前に出てくるが、サンドロの右ローでバランスを崩す。それでも前に出るマレガリエは、右フック、ボディアッパーを食らい、溜まらず低い姿勢でテイクダウンを仕掛ける。

バービーをする必要もなく、ステップバックだけでこれを切ったサンドロは、その後も打撃を散らし、残り90秒で組みついてバックへ。マレガリエは前を向き、ケージにサンドロを押し込むが、テイクダウンにはつながらない。前に出るしかないマレガリエを的にし、適格なパンチを放ち続けるサンドロに、ようやくマレガリエの左がヒットする。

残り20秒を切り、左頬をカットしたマレガリエは、被弾を恐れず前に出るが、クリーンヒットがないままフェザー級トーナメント準々決勝は終了した。文句なし、ジャッジ3者ともフルマークをつけた判定勝ちを手にしたサンドロは、英語で「KOを狙ったけど、これはウォー。対戦相手は強かった。申し訳ない」とコメントし、ファイナルへ向けケージを後にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie