この星の格闘技を追いかける

【Challengers】SFCベガスは、ボウリング×ヴォルカーIII

Bowling vs Voelker22日(金・現地時間)にStrikeforce Challengersが、ズッファのおひざ元ラスベガスのパームス・カジノ・リゾート内ザ・パールで開催される。メインはウェルター級戦、ロジャー・ボウリング×ボビー・ヴォルカーの対戦だ。

【写真】激しい試合を繰り返してきてヴォルカー(左)とボウリング。決着戦も体力勝負になる公算大だ(C) STRIKEFORCE

ズッファ好みの再戦路線、ボウリングとヴォルカーの顔合わせは実にこれが3度目、決着戦となる。2010年5月に両者は初めて対戦し、前半攻勢だったボウリングだったが、3Rに劣勢に転じると、近距離の攻防のなかでヴォルカーのグローブが目に入ったと、試合続行不可能をアピール。

結果、テクニカル・デシジョンとなり、試合中断時点までリードしたボウリングが判定勝ちを手にした。結果、逆転負けを恐れファイト再開に応じなかったと、観客からは大ブーイングを受けてしまう。5カ月後の再戦は、序盤から圧力負けしなかったヴォルカーが、トップを取り、腕十字狙いのボウリングにパウンドを連打し、TKO勝ち。


リベンジを果たしたヴォルカーだが、リザルト的には1勝1敗の五分。ラスベガスで決着戦を行うことになった。この他のカードでは、ライトヘビー級のスーパーフィジカル系オヴァンス・サンプレー、元ストライクフォース女子世界ウェルター級王者サラ・カウフマンとリズ・カモーシェという、現王者マルース・クーネンに敗れた者同士の対戦などがメインカードに並んでいる。

TUFに出ていたメンバーが出場するわけでもないストライクフォース・ブランドの人材育成大会で、どれだけ観客動員を伸ばすことができるか? ズッファの底力が試される。

■SFC主な対戦カード

<ウェルター級/5分3R>
ロジャー・ボウリング(米国)
ボビー・ヴォルカー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
デヴィン・コール(米国)
レイバー・ジョンソン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジョー・ケイソン(米国)
オヴァンス・サンプルー(ハイチ)

<女子ウェルター級/5分3R>
リズ・カモーシェ(米国)
サラ・カウフマン(カナダ)

<ミドル級/5分3R>
ロナルド・スターリング(米国)
アドラン・アマゴフ(ロシア)

<ライト級/5分3R>
マカ・ワトソン(米国)
ビル・クーパー(米国)

<UFC トレーディングカード Title Shot>
UFC公式トレーディングカードの新ブランド「タイトル・ショット」(BOX:12パック)登場!!
「タイトル・ショット」の名の通り、新旧王者と未来の王者を網羅。写真を大きく用いたデザイン一新。全現役選手(作成当時)の直筆サインはもちろん、ジェイク・シールズ他、初直筆サインが10名以上!!
詳細をチェック
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie