この星の格闘技を追いかける

【UFC132】ワイマンと大接戦……シバー判定をモノに

2011.07.03

<ライト級/5分3R>
デニス・シバー(ドイツ)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
マット・ワイマン(米国)

ワイマンの右ローに、シバーは左フックを合わせる。さらにローから左フックを見せた。ワイマンのシングルを切ってスタンドをキープしたシバーは、ワイマンのハイキックをかわし、左フックを打ち込む。

シバーはローで姿勢が乱れたワイマンに左ハイ、ローをさらに重ねる。近距離でのフックの打ち合いで攻勢のシバーに、ワイマンは組みついてテイクダウンへ。立ち上がったシバーをケージに押し込むと足下に踏み込み、後方に抱え上げるようにテイクダウン。

ここでもスクッと立ち上がるシバーに対して、ワイマンは執拗にシングルへ。がぶりから距離をとったシバーは左の前蹴り、右ローを繰り出し、さらに左ハイを見せる。シバーはハイを空振りしたワイマンにテイクダウン。

シバーは立ち上がったワイマンに左フックを見舞い、シングルを再び切る。左右のフック、アッパーを嫌がったワイマンは、ダブルレッグでテイクダウンに成功。トップをキープした状態で初回を終えたが、このラウンドはシバーのものか。


2R、ポーカーフェイスのシバーは、左ローから左前蹴りを見せる。距離を詰めてダブルレッグに出たワイマンは、ケージにシバーを詰めてシングルレッグに切り替える。首を殺さず、巻き込むように耐えるシバーは、ケージを蹴って体の向きを変えてギロチン狙い。

体を捻り、シバーの真正面に回ったワイマンが執拗にシングルからテイクダウンを試みる。初回と同様、懐に踏み込み抱え上げるようにテイクダウンに成功したワイマンは、ここでトップを奪取。シバーはワイマンのエルボーで額をカットし、ガードの状態を強いられる。

ワイマンが連続でエルボーを落とし、形勢逆転。右のエルボーだけでなく、左のパンチも見せるワイマンは、左もエルボーに切り替える。大流血に見舞われたシバーは、スタンドに戻ることができず、パンチとエルボーを浴び続ける。顔面を真っ赤に染めたシバー、パスこそ許さなかったが、初回の攻勢から一点、大ピンチに陥った2Rを終えた。

最終回、スタンドをキープしたいシバーだが、前蹴りをキャッチされる。足を引き抜いてなお、下がるところに組みつかれると、ケージに押し込まれたが、体をねじってワイマンから離れる。ここでシバーはロー2発から左上段蹴り、さらに後ろ回し蹴りに。

1Rのように打撃を嫌がらないワイマンは、自信をもってテイクダウンの機会を伺う。ロー、スーパーマンパンチからテイクダウンを狙ったワイマン、シバーは慎重にこれを切る。

するとワイマンの左がシバーの顔面を捉える。真っ直ぐ下がるようになったシバーに、ワイマンはシングルレッグ。再びケージに押し込むが、ここはシバーが態勢を入れかえる。と、ギロチンを見せたワイマン、シバーが首を引き抜くと同時にオモプラッタを見せる。

腕を引き抜いてスタンドに戻ったシバーだが、蹴り足を取られてついにテイクダウンを許す。それでも蹴り上げからすぐに立ち上がったシバーがトップを奪う。最後の最後に体勢を入れ返したワイマンが上を取ったところで、タイムアップに。

得意分野で攻め込み、相手の苦手な部分をついた15分の試合は、ジャッジ3者ともシバーを支持。コールの直後に、ワイマンはキャップを投げ捨てケージを駆け下りるように後にした。「接戦だったと思うけど、裁定結果は何とも言いようがない。ものすごく強い相手だった」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie