この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】決め手欠く一戦はタイ・グリが勝利拾う

2011.06.27

<フェザー級/5分3R>
タイソン・グリフィン(米国)
Def.判定2-0:29-28, 29-28, 29-29
マニー・ガンバーリャン(米国)

試合開始直後から、積極的にパンチを繰り出す両者。と思いきや、距離をとって慎重な展開が続く。ローを蹴り込んだタイ・グリに、ガンバーリャンは低いスタンスからパンチを振るいつつ、ダブルレッグで尻もちをつかせる。

足を畳んで立たせないガンバーリャンは、そのままパンチに移行し、スタンドへ戻る。タイ・グリのダブルレッグに対し、ガンバーリャンは首に腕を絡めて耐えると、ボディにヒザを突きあげていく。

「指を掴む」とレフェリーにアピールするガンバーリャンは、投げからバックに回り込み、スタンドでバッククラブへ。自ら着地し、ダブルレッグを狙うガンバーリャン。小外掛けなど、柔道技を駆使するガンバーリャンを前に、タイ・グリはなかなか守勢から逃れることができない。


シングルを切られ、ローを打ちこんだところで初回が終了したが、このラウンドはガンバーリャンのものとなった。遠い間合いからローを見せるタイ・グリだが、ガンバーリャンは低いガードからそのままフックを振り回し、前進を許さない。タイ・グリの右ローに、右フックを合わせようとするガンバーリャンは、テイクダウン狙いにも抜群のバランス感覚を見せ、スタンドをキープする。

タイ・グリもガンバーリャンのテイクダウン狙いをカットし、左フックから前に出る。互いに遠い間合いからの打撃、テイクダウンを仕掛けるが、タイ・グリのヒザ蹴りがガンバーリャンの急所に入り、試合は一時中断する。すぐに再開し、ガンバーリャンが左右のフックを見せるも、距離が遠い。前に出たガンバーリャンはボディを放つも、タイ・グリは構わず距離を詰めようとする。

手数で試合をリードしつつあったタイ・グリだが、今度は明確にローが急所に当たり、そのまま判断の難しい2Rが終わった。

最終回、遠い距離から攻撃を繰り返す展開が変わらないまま、タリ・グリの押すようなパンチでガンバーリャンが姿勢を崩す。スクランブルからスタンドに戻った両者。ガンバーリャンの下がるシーンが目立ってくる。

ケージ際の攻防のなかで、アッパーを放ったタイ・グリが、シングルでテイクダウンを仕掛け、ガンバーリャンがアームロックを狙う。直後にダブルレッグでタイ・グリをケージに押し込んだガンバーリャンが、大きく抱え上げてテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がったタイ・グリは、バックに回り込み、亀の態勢のガンバーリャンの頭部にパウンドを落す。

差し合いのなかで、ボディを見せるタイ・グリ。ガンバーリャンは小手を極め投げを打つが、同体で崩れ落ち、試合は再びケージレスリングの攻防に。残り1分を切り、タイ・グリが距離を取り、ローを放つも、ここにガンバーリャンが組みついていく。ケージ際で態勢を入れかえたタイ・グリは、ガンバーリャンのテイクダウンにスプロールを続けるも、最後の最後で腹這いに倒れ込む。

すると、同時に試合はタイムアップを迎え、両者決定的なシーンがないまま勝負は、ジャッジの判断に委ねられることに。テイクダウンのガンバーリャン、パンチの手数でタイ・グリ。裁定は29-28が二人、29-29が一人の2-0でタイ・グリに。両者、決め手を欠き、どのような裁定になっても致し方ない勝負だが、最後はタイ・グリが勝利を拾う格好となった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie