この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】ガスアウト状態もバスケスが逃げ切りに成功

2011.06.27

<フェザー級/5分3R>
ハビエル・バスケス(米国)
Def.判定3-0:30-27, 29-28, 30-27
ジョー・スティーブンソン(米国)

スーパーマンパンチからローを蹴り込んだスティーブンソンに、テイクダウンを合わせたバスケス。その左腕をコムロックの要領で極めにかかるスティーブンソンに対し、バスケスはしばらく時間を置いて、腕十字を仕掛けるように腕を振りほどき、ハーフの態勢に。
首を殺し、パスを狙うバスケスは、脇差しから腰きりパスを見せる。ロックアップのスティーブンソンに、ここでレフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻ると、サウスポーのバスケスが右ジャブを伸ばす。スティーブンソンは一発の振りが大きい。左ストレートからシングルを見せたバスケスだが、すぐに打撃の間合いに戻る。

続くパンチのフェイントから、テイクダウンを決めたバスケスは、ワキを差してきたスティーブンソンの顔面に右エルボーを見舞っていく。腰を押してパスを耐えるスティーブンソンは、力で耐える展開が続く。地味だがスムーズな動きを見せるバスケスは、ハーフからボディにヒザを打ちつけ1Rを攻勢のまま終えた。


2R、右ジャブを伸ばすバスケスは、続いて左ストレートを繰り出す。待ちの状態のスティーブンソンは、左から右を見せて間合いを図る。バスケスも右をヒットさせ、再び距離をとり、右を再び打ち込む。真っ直ぐ下がるスティーブンソンに、効果的な左を伸ばすバスケスだが、ここでスティーブンソンが大きく踏み込んで右を振るっていく。

スティーブンソンの左をよけて、左を入れたバスケス。ビッグダディはバランスが悪い。まっすぐ飛び込み、シングルレッグを見せたスティーブンソンは、そのままバスケスをケージに押し込んでいく。ギロチンで応えたバスケスに対し、スティーブンソンは引き込むように首を引抜き、再び組みついてケージレスリングの攻防に。

左ワキを差し返し、テイクダウンを奪ったバスケスは、パスからスクランブルの状態でバックに回り込む。両足をフックし、リアネイキドチョークを仕掛けるも、バスケスに強引さは感じられず、スティーブンソンの動きに合わせるようにスタンドへ戻る。肩で息をするバスケスだが、スティーブンソンも攻め手がなく、試合は最終ラウンドへ。

「相手はスタミナが切れた」とグレッグ・ジャクソンのアドバイスを受けたスティーブンソン。口が半開きのバスケスは懸命に腹式呼吸で息を整える。構えが小さくなったバスケス。テイクダウン狙いも心なしが前足の踏み込みが小さくなったか。

プレッシャーを与えて前に出るスティーブンソンは、思い切りローキックを見せる。距離が近づき、組みついてヒザ蹴りを見せたバスケスは、足を使いながら左を伸ばし、外掛けでテイクダウンを仕掛ける。

疲れが見えるのは、バスケスだけでなく、スティーブンソンからもスピードは感じられない。それでもパンチで前に出るビッグダディだが、バスケスの左を顔面に受ける。スティーブンソンの左は空振りに終わるが、ローで態勢を崩し、首相撲からヒザを見せる。やたらとスティーブンソンびいきの解説を続けるローガンのコメントを後目に、疲れながらもパンチを返すバスケスは、思い切りアッパーを放っていく。

両者、頭を揺らしながらパンチを振るい、スティーブンソンはヒザを見せるも、そのままタイムアップに。完全にガスアウトのバスケスが、序盤の2Rを取ったように見えたが、ジャッジの裁定は何が起こるか分からない。すると、30-27が二人出て、逆にスティーブンソンの3Rも評価されないという判定により、バスケスが勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie