この星の格闘技を追いかける

【UFC131】マイア対策実る、ムニョス逃げ切りV

<ミドル級/5分3R>
マーク・ムニョス(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
デミアン・マイア(ブラジル)

序盤は間合いの取り合いが続くなか、まずはムニョスの右ローがヒット。マイアは左から、右フックをヒットさせてムニョスをケージへと押し込んでいく。展開を作れずブレイクが掛かると、またもマイアが左ストレートでムニョスを追い込む。

左ハイこそ空振りに終わったが、パンチでリードしているマイアは、再び左ハイを放っていく。マイアの攻撃に下がり気味だったムニョスは、左に右を合わせるも形勢逆転には至らず。マイアはパンチだけでなく、距離の取り方でも成長しており、無暗に深追いをしない。

ラウンド終了間際、ムニョスは右の連打でマイアを後退させると、テイクダウン狙いで組みつく。ここで1Rが終了。マイアが攻め立てたが、ムニョスが盛り返し、今後の展開を読むのは難しい試合になった。


2R、初回の終盤の勢いにのってムニョスの右がヒット。テイクダウンを狙うマイアに対し、がぶりからパウンドを落としていく。ここで引き込んだマイアだが、すぐに両者同体で立ち上がる。マイアの左に対し、ムニョスもオーソドックスながら左フックを伸ばす。

マイアはテイクダウン狙いを切られたがバックに回り込む。するとムニョスが潜りから立ち上がり、リバーサルを狙った。ダブルレッグで組みつき、ヒザをついたマイア。引き込んでパウンドを避けつつ、両ワキを差してロックアップの状態に。クラッチは切られたが、マイアは潜りを狙った。

ここでも両者は立ち上がり、今度はマイアがムニョスをテイクダウンしてトップへ。ケージに詰められ、ヒジを落とされたマイアだが、シッティングから再びロックアップへ。しかし、ケージが真後ろにあり、足を引けないので攻撃を仕掛けることはできない。ここでブレイクが入り、直後に2Rが終わった。

最終回、蹴り技を使うようになったムニョスに対し、マイアはやはり左ストレートで勝負。しかし、両足が揃ったところでダブルレッグダイブを決められる。

ケージを背に立ち上がったマイアは、スイッチからバックへ回り込むと、腹固めのようなロックをしてチョークを仕掛ける。しかし、ケージに背にしており、窮屈な状態ではそれ以上攻められない。再びケージレスリングの攻防になると、観客のブーイングの声に押されるかのようにレフェリーがブレイクを命じる。

残り1分30秒、マイアも蹴りを織り交ぜるが、ムニョスがテイクダウンからパウンドへ。直後にシングルから立ち上がったマイアは、態勢を入れかえ自ら距離を取る。最後の打撃戦になるかと思いきや、マイアが組みつき、再び距離ができると、体の軸をなくした両者のパンチは空を切ったままで、タイムアップに。マイア対策かヒーロン・グレイシーがセコンドについたムニョスが、3-0でマイアを振り切った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie