この星の格闘技を追いかける

【UFC131】セラーニ快勝、ホシャには観客ブーイング

<ライト級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-26
ヴァグネル・ホシャ(ブラジル)

セラーニの右ローとホシャの右が交錯、荒い右フックを振るいながら前に出るホシャだが、ややスピード不足か。そのホシャの顔面へセラーニのヒザが突き上げられる。セラーニのローに合わせて、ホシャがテイクダウンを奪った。ラバーを外され、蹴り上げたセラーニの立ち上がりにホシャが低い姿勢で再び組みついていく。しかし、セラーニも体を反転しながら足を引き抜き、スタンドをキープする。

セラーニの右ローがテンポ良く決まって、テイクダウン狙いは余裕を持ってかわす。左ストレートから右ローのコンビネーションを決めるとホシャのテイクダウン狙いを苦もなく防ぎ、足払いて転がしていった。パンチ、ヒザのフェイントを見せると、大きく反応するホシャ、果敢に前へと出るが、打撃戦はセラーニ有利のまま初回が終了した。


2R開始早々、右ローから左ハイを見せたセラーニ。ホシャのボディへのヒザの直後に、再びハイを放つ。両ヒザをつくような低い姿勢から組みつくホシャは、ケージにセラーニを押し込みんでダブルレッグ、さらにシングルに切りかえるが、頭を押されて足を引き抜かれた。

左右のローを蹴り込むセラーニは、ホシャのローに右ストレートを合わせる。左ストレートのフェイントから、テイクダウンを狙ったホシャは、そのまま引き込むがセラーニにスタンドへと戻られてしまう。

ホシャの大振りのフックをかわして、前蹴りで距離を取るセラーニ。足が効いてきたか、引き込みも見せるようになったホシャ。テイクダウンを潰されは、引き込むというブラジリアンの負けパターンに。セラーニのローで大きく、ホシャが大きくバランスを崩すようになって試合は最終ラウンドへ。

前蹴り、右ロー、ペースを保つセラーニに打開策が見つからないホシャ。大きな右フックは空振りにし、ローに顔をしかめるように。完全にローで体が流れるようになったホシャはケージに追い込まれて、破れかぶれのテイクダウン狙いも失敗し、さらに引き込んで観客席からブーイングを受ける。

セラーニは右から左をホシャにヒットさせ、さらに左ストレートを伸ばす。ローだけでなく、左をヒットさせたセラーニ、残り10秒でダウンを奪い勝利を決定づけた。結果、裁定はセラーニ、ジャッジ一人は30-26をつける大差のフル裁定でセラーニが勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie