この星の格闘技を追いかける

【UFC131】ヤング奮闘もポイエーの試合巧者ぶりが光る

2011.06.12

<フェザー級/5分3R>
ダスティン・ポイエー(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
ジェイソン・ヤング(英国)

序盤から積極的に左右のフックを振るい、前に出るポイエー。その勢いのままテイクダウンを狙うが、ヤングはヒザ立ちから胸を合わせて立ち上がる。ジャンピング・ハイなど積極的な攻撃を見せるヤングだが、サウスポーのポイエーも果敢に左を繰り出す。

ヤングは首相撲からヒザを狙うも、ポイエーは左右のフックからジャンピング・ニーを繰り出す。姿勢を崩しながら、攻撃的な姿勢を崩さず、大外回りのフックとストレートを打ち分けて前へと出た。

ポイエーのパンチに一瞬、ヒザを崩したヤングだが、前に出るところでローを受けるという場面が目立ってきた。2R、ローを蹴り合う両者。ヤングが再び、ジャンピング・キックを見せるもポイエーに苦もなくガードされてしまう。


前に出てきたポイエーを首相撲に捕えたヤングだがヒザ蹴りは不発。さらにローを急所に受けてしまう。再開後、果敢に前に出るヤングだが、パンチで捉える場面は決して多くない。気が付けば、ケージに押し込まれる展開。それでもローを2発蹴り込むと、ポイエーの表情が一瞬、厳しくなった。

前足を蹴られてダメージが溜まりつつあるのか。ポイエーの勢いが止まり、ヤングのパンチが顔面を捉えるように。ヤングの左を受けてなお、ポイエーはパンチを複数放ち、試合を有利に進めようとする。残り1分を切り、足を止めての打ち合いのなか、ポイエーがテイクダウンを奪取。トップからエルボーを落としたポイエー、試合巧者ぶりを見せて2Rを戦い終えた。

最終回、互いに慎重な立ち上がりとなり、まずはポイエーが左をヒット。打撃戦に見えた中でポイエーが組みついていくも、テイクダウンは奪えないまま時間が経過した。

ここまでポイントを許していると思われるヤングにとっては、時間だけが過ぎる厳しい展開。さらにテイクダウンを許して追い込まれた。ポイエーは徹底してテイクダウンを狙い続ける。再び尻餅をついたヤングはアームロックを狙うが、これは苦し紛れでしかない。残り1分を切っても、立ち上がることができず、ようやく立ち上がっても再び尻餅をつかされ、30秒を切った状態でガードを強いられた。

必死にガードからパンチを入れるも、ヤングは試合終了のホーンをガードワークのままで聞いた。結果はジャッジ二人が30-27、一人が29-28をつけ、ポイエーが快勝した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie