この星の格闘技を追いかける

【TUF13】亡き友のために!!グイダが弔い戦を制す

<ライト級/5分3R>
クレイ・グイダ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
アンソニー・ペティス(米国)

UFCの名勝負男グイダと、最後のWEC世界ライト級王者ペティスの対戦。出入り、上下の運動が激しいグイダが、長髪をなびかせて前で出てくる。迎え撃つように左の伸ばすペティス。そのペティスが、いきなり左ハイを放っていく。続くローをキャッチしたグイダが、テイクダウンへ。

グイダの右手首を掴んで、三角絞めを狙ったペティス。だが、グイダはこれを予測したようで、腕をねじ込み、担ぎパス狙いからボディにパウンドを落とす。手首を掴むペティスだが、体重をかけられ窮屈な態勢に。

グイダのパウンドに腕十字のカウンターを仕掛けるペティスは、片足を掴まれた状態で立ち上がり、蹴りを見舞った。そのまま立ち上がったペティスを、再びテイクダウンしたグイダはトップキープからパウンドという勝利の王道を突き進む。

ガードを強いられたペティスは、今度は左の手首を掴み三絞めへ。これも察知したグイダが、胸を張り、担ぎパスを狙うというスリリングな展開が続く。足を利かせて、パスを許さないペティスに対し、ハーフの状態で頭をケージに押し込んでいったグイダが、トップキープで1Rを取った形となった。

2R、互いに左を伸ばし戦闘再開。前に出てくるグイダをいなし、右を伸ばすペティス。初回に続き、トップを奪ったグイダは、ペティスをしばらくケージに釘付けにする。立ち上がったペティスだが、執拗なグイダのケージレスリングに防戦一方に。シングルを切られたグイダは、ペティスの低い姿勢からの左ハイを受けそうになる。


続いてジャンピングしてのスピニングバックキックを放つペティスは、ときおり構えをスイッチする。構わず飛び込んだグイダが、ダブルレッグからテイクダウンを奪取する。左のリストをコントロールし、三角絞めを仕掛けたペティス。担ぎパスを狙ったグイダに腕十字を仕掛ける。前方回転で逃げるが、なおも腕をホールドされたままのグイダだったが、ここで2Rがタイムアップに。

最終回、グイダの前進にサークリングから逆転の一発を狙うペティス。しかし、逆にグイダのパンチを受けた直後に、ここでのテイクダウンを許してしまう。ガードから腰を切って腕十字の機会をうかがうペティスは、グイダに足を一本抜かれても、しっかりとフルガードに戻す。パス+パウンド狙いのグイダ。三角&腕十字を仕掛けるペティス。

ついにハーフガードで固めたグイダだが、ペティスもクローズドへ戻す。ケージ際ではクローズドを解き、立ち上がろうとするペティス。その立ち上がり際、執拗に右ワキを差し上げ、バックに回り込むようにテイクダウンをグイダが狙う。

その勢いを利用し、回転するようにトップを奪ったペティスが、バックマウントへ。必死に両手でペティスの右手首を掴んだグイダが、腰を浮かして前方に落す。すると、ついに担ぎパスガードに成功。残り25秒、腰骨にヒザを落し、逆にバックに回り込む。

残り10秒、フルバックマウントを奪取したグイダは試合終了と同時に両手を振り上げケージ内を走り回り勝利を確信。一方のペティスは唇を噛みしめ、厳しい表情に。ジャッジの裁定は3人とも30-27でグイダ。友人が試合の朝に亡くなったこと明かし、「UFCライト級が世界で最もエキサイティング、タイトル挑戦の資格はあると思う」と早口でまくしたて、オクタゴンを後にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie