この星の格闘技を追いかける

【TUF13】“頭脳派”キングスベリー逃げ切る

2011.06.05

<ライトヘビー級/5分3R>
カイル・キングスベリー(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ファビオ・マルドナド(ブラジル)

1R、左ローを伸ばし、右前蹴り、ローを見せたキングスベリー。首相撲からヒザ蹴りを連続で決める、防戦一方のマルドナド。左を伸ばすが、キングベリーが左ローから左を伸ばす。すると、ここでマルドナドの右がキングスベリーの顔面を捉える。

マルドナドの前進に合わせカウンター。そして、組みついてヒザを二発突き上げたキングスベリー。意表をつくようにテイクダウンを仕掛けると、マルドナドがギロチンへ。前方回転するように、この展開を逃れたキングスベリーだが、スタンドに戻るとマルドナドの左を受けてしまう。

それでも左ジャブから右を伸ばすキングスベリーだが、ややスピードが遅くなっている。マルドナドのパンチを受け、テイクダウン狙いで組みつく。首相撲からヒザを見せるが、パンチを受けてしまうキングスベリー。残り1分でテイクダウンを決め、ハーフからエルボーを落とすが、マルドナドはフリップから立ち上がる。

スタンドで、再びヒザを蹴り上げたキングスベリー。ようやくマルドナドの動きも止まり始める。さらにヒザを続けたキングスベリー。バランスを崩して後方に倒れところで初回が終わった。


2R、左ボディを連続で放つキングスベリーは、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。マルドナドはハーフからワキを差して、さらにロックアップへ。ディープハーフから、リバーサルでトップを奪い返したマルドナドだったが、ここはキングスベリーが立ち上がる。首相撲を解き、キングベリーが左ハイを放つと、再び首相撲からヒザ蹴りへ。

試合を支配しながらも、どこか淡泊な攻めを見せるキングスベリーは、テイクダウンに失敗し、バランスを崩すなど疲労は隠せない。それでも打撃戦のなかからダブルレッグを仕掛けると、がぶりから立ち上がったマルドナドにヒザを見舞う。

キングベリーの攻撃を受けながら、焦るような様子を見せることなくパンチで反撃に出るマルドナド。一風変わったテンポで試合は進み、ポイント的にはキングベリーが優勢のまま2Rも終了した。

3R、「距離を取って、もっと速い打撃を見せろ」という指示を受けたキングスベリーだが、いきなり左フックをテンプルに受けてしまう。さらに左をアゴに受けたキングスベリーは、左を返しテイクダウンを狙う。だが、流血のマルドナドの方がスピードは速い。

左から右を打ち込んだマルドナドは、キングスベリーのヒザに対して、自らのアゴを叩き、『打ってこい』とタフマンぶりをアピール。直後にテイクダウンを奪ったキングスベリーだが、スタンドの攻防になるとボディへのパンチを受けて後退。

ハンドスピードも明らかにマルドナドが速く、キングスベリーは左フックをアゴ先に浴びてしまう。残り30秒、シングルレッグからタイアップで組みついたキングスベリーは、時間が過ぎるのを待つように戦う。いつの間にか左目の傷が深くなっているキングスベリーは、マルドナドのパンチからテイクダウンを許す。

ラバーガードからミッションコントロールで、動きを固定するキングスベリーは、狙い通りブレイクでスタンド戦へ。残り1分を切り、テイクダウン狙いから組みついてヒザを見せたキングスベリーだが、やはり動きは鈍い。終了間際にダブルレッグで、逆にマルドナドにテイクダウンを許し、試合はタイムアップに。結果、ジャッジが3者とも29-28でキングベリーを支持し、判定で粘るマルドナドを下した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie