この星の格闘技を追いかける

【WEC31】フィリョ“冷や汗”防衛に成功

2007.12.15

 (C) MMAPLANET■第7試合WEC世界ミドル級選手権試合5分5R
[王者]パウロ・フィリョ(ブラジル)
Def.2R4分55秒/バーバル・サブミッション
[挑戦者]チェール・シェノン(米国)

【写真】勝利をしたもののフィリョは、危ないシーンが連続した (C) MMAPLANET

パンチからタックルで組み付いたシェノンが、バックコントロールを狙った際、なぜか一瞬の間があき、その瞬間、後ろから左脇を差し、右肩を固めたシェノンはフィリョの体を思い切りにキャンバスに叩きつける。


後頭部を強打し、意識が朦朧とするフィリョにパウンドを集中するシェノン。必死にガードから片足タックルを狙ったフィリョが、続く打撃戦からタックルを狙われると、渾身の力を込めたギロチン。これを逃れられると、またパウンドを顔面に受ける。フィリョが腕十字が仕掛けたところで1Rが終了した。

ガードを強いられる時間が長かったフィリョは、2Rは自らテイクダウンを奪おうと試みるが、反対に倒されてしまう。パウンドとエルボーを受け、いよいよ厳しくなったフィリョだったが、起死回生の腕十字一閃、シェノンはタップこそしなかったが、苦しそうな顔を浮かべレフェリーに何かを伝えたところ、ここで試合がストップ。

レフェリーの判断は、バーバル・サブミッションということだったが、シェノンは「無理かと尋ねられたのでノーと答えたら試合をストップされた」とコメントを残している。

『WEC31 Faber vs Curran』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY