この星の格闘技を追いかける

プレイボーイ大会は三崎、石田、そしてトムソンに要注目

MMA版ミスターパーフェクト、トムソンが如何にボウマンを攻略するか[photo by Strikeforce]9月20日(土・現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルス・ビバリーヒルズのプレイボーイ・マンションで行われる『STRIKEFORCE PLAYBOY MANSION』。

【写真】MMA界のミスター・パーフェクト、ジョシュ・トムソンがチューンナップファイトに出場する (C) MMAPLANET

本拠地サンノゼを中心に、良質な大会と堅実なビジネスで成功を収めているストライクフォースが、昨年に引き続きビバリーヒルズのプレイボーイマンションで開くイベント。グッと目を引くビッグカードはないものの、ハッとさせられるグッドマッチが揃っている。

日本のファンにとって、何といっても気になるのは三崎和雄と石田光洋の参戦だろう。三崎はジョー・リッグスという非常に厳しい相手と、石田もフィジカルが抜群に強いという評判のジャスティン・ウィルコックスと、それぞれ対戦する。


また、当初は対戦が予定されていた同プロ世界ライトヘビー級王者ボビー・サウスワースとヘナート・ババルの一戦は、サウスワースが負傷し、代役としてアンソニー・ルイスに白羽の矢が立ち、ババルとの対戦に変更された。しかし、そのババルが今週に入って負傷。結果、ルイスはババルの代役トレバー・プラングレーと対戦することとなった。

ハードコアMMAファンにおススメは、何と言ってもストライクフォース世界ライト級王者ジョシュ・トムソンが、アッシュ・ボウマンと戦うノンタイトル戦。トムソンは、レスリングをベースに、守るだけでなく“攻める柔術”を駆使、さらにはキックボクシングを取り入れた、MMA版ミスターパーフェクト。UFC、DREAM、戦極、EXC、どのイベントに上がってもトップ陣と遜色ない、いやそれ以上の強さを見せるに違いない実力者なのだ。

エクスクルーシブ・コントラクトを用いないストライクフォースだけに、今後、日本のリングに上がる可能性もある、要チェックが必要なファイターといえるだろう。

■『STRIKEFORCE PLAYBOY MANSION』
決定分対戦カードは下記の通り

<ミドル級/5分3R>
三崎和雄(日本)
ジョー・リッグス(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・トムソン(米国)
アッシュ・ボウマン(米国)

<ライト級/5分3R>
石田光洋(日本)
ジャスティン・ウィルコックス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
トレバー・プラングレー(米国)
アンソニー・ルイス(米国)

<ミドル級/5分3R>
テリー・マーティン(米国)
コーリー・デベラ(米国)

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN