この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】反則響いたムサシは痛恨のドロー

■ライトヘビー級/5分3R
ゲガール・ムサシ(オランダ)
Draw.判定ドロー
キース・ジャーディン(米国)

左ジャブを伸ばしながらプレッシャーを与えるジャーディン、変則右ローは空振りに終わるが、すぐにテイクダウンを奪う。立ち上がっての左フックから慎重に間合いを取るムサシにジャーディンはロー、ワンツーと積極的。左ミドルは受け流されたがローでムサシの体を一瞬、伸び切らせた。

ワキを締めた小さな構えから、前に出て左右のフックを見せたムサシ。ジャーディンのローを再びもらうも続くテイクダウン狙いに一瞬、ギロチンの姿勢を見せる。しかし、そのままケージを背にダブルレッグで倒されてしまった。

立ち上がり際に背中を預け、胸を合わせるように立ち上がったムサシに、腰をコントロールしたジャーディンが再びテイクダウン。立ちあがられたムサシに近距離からのアッパー連打で後退してしまい、さらに追い打ちのフック。それでも間合いを取り直したジャーディンは、前かがみのムサシをテイクダウン。

と、ここでガードポジションのムサシが蹴り上げてしまい、ペナルティーとして1ポイントを与えられた。再開後、距離を詰めたムサシがパンチを振るう。これはクリーンヒットしなかったが、直後にフック連打で押し込む、距離を取ったムサシにミドルを見せるジャーディン本来の姿勢かバランスは非常に悪い。テイクダウンを奪われながらも、打撃で攻勢だったムサシ。反則のペナルティーがどう影響するか。


2R、ムサシ陣営のセコンドがマウスピースを入れ忘れてしまう場面も。ムサシはローを受けながらも、パンチの間合いを作ろうと距離を詰めにかかる。ジャーディンのダブルレッグをがぶり、距離を取ってパンチを狙う。プレッシャーを与えていくも、ジャーディンのアッパーがそのアゴ先を捉える。

構わず前に出るムサシ。鼻血を滴らせるジャーディンに大振りのパンチから右ミドルを放つ。打撃では完全にプレッシャーを与えたムサシは、右ローを入れて左フック。下がりながら攻撃を受けるジャーディンのパンチの距離は遠くなり始める。

踏み込んでの蹴り、さらにパンチを見せるムサシだが、気持ちも前かがみになりすぎて、再びテイクダウンを許してしまった。ガードから振りの大きなパンチ、リバーサル狙いで距離を作ったムサシが立ち上がる。鋭い左ジャブに流血が酷くなるジャーディンは、打撃を受けては組みついてテイクダウンを狙うように。

倒されてなお、冷静に立ち上がったムサシ。ジャーディンに押さえこむ力はなく、テイクダウン狙いのみでスコアリングに徹する構えだ。

最終回、すぐに距離を詰めたムサシが、左を入れ、さらに左右のフックを入れながら前へ。ジャーディンが急所に攻撃を受けたとして、僅かながらインターバルが与えられる。再開後、左を伸ばし、さらにローを蹴り込むジャーディンに対して、再びダブルレッグへ。頭部にエルボーを落とし、距離を取ると逆にテイクダウンを奪う。ジャーディンの立ち上がり際にギロチンを仕掛け、さらにテイクダウンへ移行。寝技に持ち込むと、ハーフからパンチ、エルボーを落とす。

ムサシはマウントを奪ったが、ジャーディンに背中を譲られてスタンドへ。再びダブルレッグに来るがスタミナ切れで力がなく、ムサシは突き離した。マウスピースを吐き出し、再び息を整えたジャーディンにムサシは右ストレート、右ハイ、さらに左ストレートから組みついてテイクダウンに成功する。

アームロック狙いのジャーディンの試みに、逆にアームロックで応えたムサシはトップをキープし、ワキを差しに来ようとした相手にパウンドを放つ。残り20秒、背中をつけたジャーディンに左のパウンド、起き上がってこようとして頭を殺して、トップをキープするムサシ。最後の最後に腕十字を仕掛けたジャーディンだが、試合はそのままタイムアップに。

ダメージでなくスコアリングでは、1Rはテイクダウンで苦戦を強いられ、反則のペナルティーを受けたムサシ、果たしてジャッジの裁定は――。29-27、28-28、28-28でマジョリティ・ドローに。ムサシにとって、反則の蹴り上げが響いた、痛いドローになった。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN